ASKA 『X1』個人的感想。

 X 1 ASKA

西向きの窓のようさ 君の生き方は

光が遅れて差し出される場所 

2曲目です。 - aska_burnishstone’s diary

 

 

ASKAさんの『X1』公開後、たまたま遅くまでやらないといけない仕事があった。

 

気の重くなるその仕事中、

やっとやり遂げた後、

ようやくベッドの中で、

 

朝の陽射しの中でコーヒーを飲みながら、

慌ただしく身支度をしながら、

窓の外をぼんやり眺めながら、

上手くいかない現状に溜息をつきながら、

 

たった一日だけど、生活のいろいろな場面で聴いた。

 

その時々の自分の心に気にかかっていること、

今戦っていること、

これからの不安、

感情の動きなどで、

『X1』は違った色を持つ。

 

さわやかな気持ちで前向きになったり、

涙がこみあげそうになったり…。

 

重たい人生の現実、失敗、挫折を、

大きな優しさと愛情で、

さらりとストレートな歌詞と、

懐かしくもキャッチーなメロディーで包み込む。

 

「FUKUOKA」は教科書に載せられるような大地を感じる優しさ、

「X1」はCMやドラマの主題歌に使えそうな日常のすぐそばにいる優しさ。

 

「いろんな人が歌ってきたように」

に、繋がっていく。

 

 

今回の album 『Too many people』は、「優しさ」が多面的な音楽表現のあちこちに感じられる、ASKAさんの本質が存分に現れた、象徴的な一枚となりそう。

ASKAさんのカオスそのままに。

 

強い向かい風の中、

スタジオ環境もままならず、

今までやったことのない音楽制作以外の細かな作業一つ一つまで、

 

自身の信念で創りあげた渾身のalbum。

 

アカペラでも、ギター一本でも、声が出ていなくても、

歌うことを続けてくれるだけで十分、

との想いを遥かに超える、

ASKAさんの才能、本気を感じる。

 

 

この歌にでてくる「君」は、

 

挫折や困難を抱えながらも頑張っている人みんな、

 

 

 

 

そして誰よりも

 

ASKAさん、

 

貴方のこと。