MV撮影。fellowsの前で歌うASKAさんが!

やっぱり一番輝いている!


f:id:dyko:20170818125809j:image

 

MVの撮影という形で、この時期にファン (もっと大きな括りのfellows) と直に会おうと思ってくれたこと、

それをYouTubeで生配信をすることで、全世界で同時に繋がることができたこと、

 

実現までのどの事にもASKAさんの愛溢れる熱意、勢いを感じて、告知 (7月31日) から今日の報告まで、ドキドキワクワクそしてちょっぴりハラハラ。

 

ちゃんと格好よく着地するのは分かっていても、例えずっこけたところでそれはそれで面白いと思えていても、

上手く行きますように、

と祈らずにはいられない。

 


歌える喜び。 - aska_burnishstone’s diary

 

やっぱり上手くいったね。

心で伝えて、伝わると、残るのは美しいものだけだった。

 

 

 

昨年の今日、8月17日には、当初1ヶ月限定で始まった、ASKAさんのブログの締めくくりとして綴られた、この2つのエントリー。

 

 

 

まるで遠い出来事のように感じると同時に、エントリーを読み返すだけで蘇るこの時の想い。

これを読んだ時は、涙が溢れて止まらなかったな。

 

この時、表明されたASKAさんの決意が実を結ぶため、全力で応援していくつもりではいたけど、今のASKAさんは真っ直ぐそこに向かっている、ブレていないと感じる。

 

こんなに応援していて気持ちのいいことがあるだろうか。

 

昨夜のMV収録に立ち会った、幸運な300名の中にいられたことだけでも、信じがたい奇跡。

 

さらに、会場となったスタジオは想像より小さく、半円をつくるような形のフラットな形態での撮影。

 

 

そんなASKAさんを間近で感じられる空間においても、

ASKAさんは圧倒的に、

大きかった。

 

多くの歓声、

声にならない声、

画面の向こうのたくさんの熱い気持ち、

リアルタイムで観ることのできない人たちの想いも、

すべて受け止め、

 

ASKAさんはASKAさんの世界を創る。

 

すぐ側にいても、

ブログで感じるそのままのASKAさんでも、

ミンティアが口に残ったまま登場しても笑、

 

やっぱり隣のお兄ちゃんという感じにはならない。

 

ASKAさんは眩しくて眩しくて、

 

本当に輝いていた。

 

この輝きはもっともっと強くなる。

 

 

そしてまだまだ続くASKAさんが繰り広げる世界に、その輝きに、

 

夢中でいたい、

 

改めてそう想う。


f:id:dyko:20170818125834j:image

         (写真:8/16_MV撮影 - YouTubeより)

 

最高に熱くて、素敵な時間を、

 

ありがとう。