ASKA new album を聴く。05.「X1」

1月20日に、YouTubeで公開されてからというもの、new album を待ちながら何度も聴いた「X1」。

 

X 1 ASKA - YouTube

「リハーサル」、「東京」で高まっている心が、久しぶりの友人に再会したように、安心する。

 

可憐なピアノの旋律からはアンバランスな、始まりのフレーズ

「西向きの窓のようさ 君の生き方は」

ややラップ調のメロディー。

やっぱり心を掴まれる。

しばらくぶりの友人はちょっと髪の色変わった?

そんな雰囲気で耳に届く。

 

 

この曲については、発表直後2回もUPしていたので、もう読んだ方はスルー、まだ読んでいない方は、そちらの方も目を通して頂けると有難いです。

 

この「X1」の発表のタイミングが思いがけず早くて、嬉しくて、勢いづいて書いた、この日のエントリー。

ASKA『 X1』 - dyko’s diary

 

 

新鮮な気持ちのまま一日経って、の感想。

 

ASKA 『X1』個人的感想。 - dyko’s diary

 

 

たった一ヶ月前の出来事だけど、

クロスワン、という響きもすっかり馴染んでいる。

 

『700番 第二巻/第三巻』には、この曲が誕生するきっかけが書いてあった。

そのきっかけから10年以上経って、

2014年に出来た曲。

 

ふ~ん、そうなんだ。

と通り過ぎてしまいそうな、何気ない会話の中からも、

新しい歌のインスピレーションが湧いてくる。

出会いを大切にし、こんなに繊細なアンテナを持つASKAさんから生まれてくる歌たち。

私たちの元に届くのは、きっとほんの一握り。

 

そう再確認すると、一曲一曲の存在が貴重で、ますます愛おしくなる。

 
f:id:dyko:20170428191525j:image

 YouTube「X1」より