読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ASKA『 X1』

ASKA Music

これには、まいった。

 

2曲目は1月24日前後発表、

ということだったので、その辺りに合わせて心身を整えていくつもりでいた。

 

大げさなと思われるかもしれないが、

 

待ち遠しいを通り越して、今までに味わったことのない熱い感情の波に日々翻弄され、今だ戸惑っている者としては、

こういう不意打ちに思いっきり動揺するのです。

 

嬉しい動揺だけどね。

 

 

待ちきれないASKAさんの

「じゃぁ、今度はこれ聴いて !」

という声が聞こえてきそう。

早く聴いてもらいたかった。

早く聴きたかった。

 

ASKAさんが早くブログにアップしようと、リンクを間違えて貼ったり、貼り直したり、歌詞を写し間違えたりと、なんかバタバタっとしていたところが、ライブみたいでまたいい。

学校でいいことがあって、目を輝かせて走って帰ってくる。靴を脱ぐのもそこそこに「ねぇ、聞いて聞いて」と息も切れぎれに、順序もバラバラにしゃべりはじめる。

そんな少年みたい。

 

ASKAブログの醍醐味も感じた。

 

 

今日(1月20日)はアルバム発売のお知らせを、お知らせの文字だけを、時間ができれば眺めていた。

 

アルバムの予約もできた。

 

それだけで十分過ぎるほど満足な一日。

 

思いがけない2曲目発表のお知らせに、

速攻でリンク先を押したい指をぐっと抑えつけて、

 

とりあえず、掃除を始めた。

 

 

高鳴る鼓動を心地よく感じるまで、あれこれ片付けをする。

 

 

 

それから、

 


X 1 ASKA - YouTube

 

曲名を見たときは、「かけるイチ」と読んでいた。

どこまでも一人ぼっちという意味だと思った。孤独がテーマかな、と。

 

 

「クロスワン」ね。

 

X1の人に向けた歌って新鮮だ。

 

離婚した人も、別れてしまった人も、

そうでない人も、

 

頑張っているのは見てるよ、大丈夫、君は素敵だよ。

 

って、エールを送ってもらえる。

さわやかなミディアムテンポ。

深く孤独と向かい合う歌なのか、との想像を良い意味で裏切ってくれた。

 

はっきりと分かる、元気の出る言葉がいい。

 

この歌を聴いていると、

応援してもらってる気持ちになる。

 

例え取るに足らないちっちゃな努力でも、頑張ってるね、って言ってもらってるような…。

 

 

そのままでいい。

 

頑張ってるから。

 

 

そんな優しさが嬉しい歌。