どこまでも響いて!ASKAさんの歌声。

喜びと驚きと緊張が一気に最大級の波となって押し寄せてきた21日。

 

【billboard classics ASKA PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2018 -THE PRIDE- 】

開催決定!の発表。

 

立て続けにASKAさんのブログでは、

来年早々から従来のスタイルの日本を含めた「アジアツアー」を行う予定でいます。

おはよう。 - aska_burnishstone’s diary

 と、今後のお話が!

 

こちらは日程、会場等の発表はまだ先だとしても、シンフォニックコンサート全10公演にどうしても参加できなかったり、バンド編成でのツアーも同時に気になっていた人にとっても希望と期待が膨らむ、これまた嬉しいお知らせ!

 

各ネットニュース、新聞ではシンフォニックコンサート開催のお知らせが次々と取り上げられ、SNSでは歓喜の声で溢れている。

なんて嬉しい景色だろう。

 

billboard classics ASKA PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2018 -THE PRIDE- - YouTube

 

こうして発表されてから聴くASKAさんの音楽は、より強く心に響くようで、どの曲を聴いても胸がいっぱいになり、涙がこみ上げてくる。

 

ようやくこの時が来たんだ。

 

 ...

 

どんな言葉でも表しきれないほど嬉しい。

 

やっとそんな大きな感情の波も収まって、平静を保てるようになってきたかな(大げさではなく)、なんて感じたのも束の間、

 

7月22日

ですので、ここをご覧になってる海外のFellows。

あなたの住む国にもお邪魔する可能性は十分にありますので、

待っていてください。

よく言われますよね?

「海外で日本人相手にライブやってもしょうがない」

僕は、こう言います。

「やってから言えよ」

僕にも経験がありますが、海外で生活すると、日本が恋しくてたまらなくなるのです。

いいじゃないですか。

海外に住む日本人に日本の音楽を届けに行っても。

そこにその国の音楽ファンが集まる。

そうやって、それを繰り返していくうちに、

ホントの外タレ (向こうの国の人にとっては) になっていくんです。

今回、僕は外国からチャンスをもらいました。

その上でも、

自分によって、失った時間、イメージを取り返すのは、

自分自身の仕事です。

 先ほど起きました。 - aska_burnishstone’s diary

 

なんと!

 

そこまでとは。

 

こうなればいいな、

ずっと思い描いていた景色がはっきり見えてくるようなお話。

また大きな驚きと喜びの波が湧き上がる。

 

どんな形でも歌い続ける、それだけでも充分嬉しいことではあったけど、

 

でもやっぱりASKAさんなら、

やってくれるだろうと思えていたこと。

 

道なき道を切り拓き、歩いていく人。

 

日本ではコンプライアンスにより会場が使えない時、ASKAさんに声をかけてくれた中国を初めとするアジア各国、

今回、ビルボードジャパンのプロデュース実現に動いてくれたアメリカ。

 

ミュージシャン、シンガーとしての才能、実力だけではなく、やはり人との縁を大切にしてきたからこそのお話なのではないだろうか。

 

ASKAさんがステージに立って歌う本来の場所へ、今、確実に向かっていることがたまらなく嬉しい。

 

ASKAさんの歌は、言葉も国境の壁も越えて、多くの人の心を打つ。

 

辛く、苦しい経験もASKAさんという人を通れば、深い愛と優しさを感じる歌となる。

 

あの頃のASKAさんを包んだ真っ暗な闇。

ある時射した、細くても強い光はASKAさん自身の光だった。

 

その光は次第に明るさを増し、広く美しく、新しい音楽を乗せて届くようになった。

 

気が早いかもしれないけど、シンフォニックコンサート前後から、日本国内でのASKAさんのイメージはどんどん変わっていくと思う。

本来のASKAさんへより近づいたものへ。

 

それもこれもきっかけはASKAさん自身からだろう。

 

人へ、音楽への深い愛と感謝、そして行動力があったからこそ、の。

 

 

誰とだって心を通わせる

すべての言葉歌に変えて

                                    ASKA「未来の人よ」より

 

 

世界中へ届けて欲しい、

ASKAさんの歌声。

 

 

 

ASKA Official Web Site 「Fellows」