「オレンジの海」これはもう、泣いちゃうよ。

 

まだ、音の調整も何もできていない「オレンジの海」ですが、今日、夕方頃に、さわりだけをYoutubeで公開してみたいと思います。

 

うわぁぁぁ、なんて贅沢!

制作途中の作品に触れられるなんて、こんなに嬉しいことはない、

願ってもないほど貴重な機会に心が踊る。

 

この「さわり」が、プロの仕事によってどうなるか。

どうぞ、皆さん、驚いてみてくださいな。

人が仕事に情熱を傾け、誇りを持つ姿は、惚れ惚れと見とれるくらいカッコいい 。

そのASKAさんたちの仕事ぶりを、完成形とはまた違った形で公開してくれるという。

 

「DADAレーベル」は、どこからも、誰からも干渉されない、「自由レーベル」です。

ASKAさんが、自由にやりたいことをやりたいようにやることが、私にとっても一番の願いであり、喜び。

 

その表現の枠が広がることが、今後の「DADAレーベル」や「Fellows」で叶えていけるのなら、なんて素晴らしいことなんだろう。

 

着々と実現されていく、作業過程を公開する「過程」に大興奮。

 

『700番』に綴られている「オレンジの海」の詞を読み返し、情景をイメージしたりと、

朝からずっとワクワクは収まらなかった。

 

 

ふぉふぁよ〜。 - aska_burnishstone’s diary

 

そして、期待の発表。

それこそ、誕生日の前にもう一つプレゼントをもらったみたいに、ふわふわした気持ちのまま、リンクを開いてみた。

 

詞は切なくもキラキラした色を纏う、夕暮れの空のイメージ。

 

振り返ればきゅんと蘇る、懐かしくて愛しい風景。

 

今の段階では映像もワンカットだけだろう、と耳だけに集中する予定が…。

 

次々と繰り出される意味深いショットに、

「あぁ、いいなぁ」

「うわぁ、これは…」

と、心の歓声が止まない。

 

温かみのある懐かしさを帯びたメロディーを、ASKAさんの歌声が優しく奏でる。

 

そして、フェイドアウト直前のショットが…。
f:id:dyko:20170722110633j:image

 

もうね、ここ数日ASKAさんの想いをいっぱいに受け取り、目頭がずっと熱かったところにきて、この歌詞、このメロディー、この映像。

 

 

…泣いちゃうよ。

 

 

たまらない。

 

 

すでに喜びと驚きのいっぱい詰まった、

ビッグサプライズ。

 

 

嬉しいな。

 

さわりだけとはいえ、本当に素敵な曲。

 

 

ありがとう。

 

 


オレンジの海 ASKA New ALBUM 作業過程報告 - YouTube