ASKA MV 「リハーサル」を観たら。

赤のスーツでのMVだったとしたら(最近のブログの内容から想像)…、

と真っ先に思い浮かんだ曲はやっぱり、

「リハーサル」。

 

初めて聴いた時から、ASKAさんのライブへの強い情熱が感じられ、その覚悟に身体の奥から熱くなった。

「やりたいことをやる やりたいように」

 強い信念があるからこそ言えるセリフだ。

こんな「攻め」のASKAさんは、とんでもなくカッコいい!!

 

この「リハーサル」、早くMVを!と個人的には少々焦れるも、歌とは全く別タッチのASKAさん (別名イレブン) のブログでのお話が面白過ぎたおかげで、楽しみながら待つことができた。

 

※ 参考

7月6日  ❎男臭 ⭕️男衆 - aska_burnishstone’s diary

7月15日  突然、身震いしながら鳴り出すスマホを見つめる私とマッキー。 - aska_burnishstone’s diary

 など。

 

結果、ブログとYouTubeの組み合わせで、より多様な観方のできる、新しい形のMV発表となったように思う。

 

7月15日

長い前振りでした。 - aska_burnishstone’s diary

 

MVアップに気付いても、もう慌てて観ることはしない。

ASKAさんのMV、歌から伝わってくるエネルギーを存分に受け止められる環境が整うまで、じっくり待つ (とはいえ、コンディションは超スピードで整ったけど笑)。

 

呼吸を整え、食い入るように見つめる映像には、キリッと結ばれた口元のアップ、続く真っ直ぐな眼差し。

強い意志を湛えている。

茶がかった渋い赤のスーツに、黒シャツのASKAさん。

ギターのマッキーさん (鈴川真樹)、ベース メッケンさん (萩原基文)、ドラム 江口信夫さん、キーボード 旭純さん。

ステージを思わせる配置での演奏に興奮を覚える。なんだか懐かしい雰囲気もある。 
f:id:dyko:20170717010538j:image

 

ASKAさんのスーツの色だけではなく、時折炎のような「赤」が、バチッ、バチッと画に射し込まれ、メラメラと燃えたつステージへの意欲を表現しているかのよう。
f:id:dyko:20170716095347j:image

 

通して印象に強いのは、スーツに負けない深くキラキラとした光を放つ、ASKAさんの瞳。
f:id:dyko:20170717015209j:image


曲の始めや終わりなど、1人で立ち向かう所は1人ですっかり引き受ける、

1人っきりのASKAさん。 
f:id:dyko:20170716103828j:image



そしてこの曲で一番観たかった、

「抱えたギターを

鳴らしてえぇえーーーーええーーーーえええ」

の超ロングトーンのASKAさん!
f:id:dyko:20170716093659j:image

↑↑↑
ここ!ここ!!

も〜う、たまらんっ!!

良すぎるっ!!!

 

ASKAさん最高っ!!!

 

ステージでは、いつも僕と向き合ったみなさんが、どういう心理状態になっているか、また、それから織りなされる空気が、そして温度が・・・。それを、ひとつにさせ、一対一の関係とし、描いたところへ連れてゆく。 

 

私たちの心理状態、

だいぶ前からかなり高い温度、強い色のすごいことになっていて、ますます増すばかりなんだけど、

どうなっているんだろう。

 

ASKAさんの描く場所、

 一体どんな所へ行くことになるんだろう。

 

 

「喜びの使者が僕の空を開くように現れる」

 

その時は必ず。

 

 

 


リハーサル ASKA - YouTube