読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「と、いう話さ 」から始まった。

キ、キターーーーーーーーーーーーッ!!!

 

歌うASKA、Rock なASKA、

ミュージシャンASKA。

 

超絶にカッコイイASKAがそこにいる!!!!!

 

f:id:dyko:20170426170054j:image

                YouTube「と、いう話さ」ASKA より

 

3月27日

今の僕だから、できることです。

思う存分、やらせていただきたく思います。

やりたいことを、やりたいように。

こんばんは。 - aska_burnishstone’s diary

 

「作品」として、アルバム『Too many people』13曲のシングルを形にする。

昨日は、いよいよそれが発表されるかもしれないということで、1日中ソワソワ、ドキドキしながら過ごした。

 

期待どおり、日付けの変わる頃にブログが更新。

 

今、本来の形に戻さねば、やがてアーティスト (ミュージシャン) は居なくなるでしょう。

(中略)

アーティストが革新を抱くのは「今」しか、ありません。

と、いう話さ - aska_burnishstone’s diary

 

ASKAさんの言葉に続く、YouTube の MV は、私の心にズドンズドンと響き、

呼吸をすることすら忘れて見入ってしまうほど、衝撃的だった。

 

「もう凄いよ、この人たち... 」

 

言葉もなく、ただただ圧倒される。

間奏に入り、円になってギター、ベースをかき鳴らす画に、心は痙攣しそうなほど打ち震え、

続くASKAさんの「Ah~ Ah~ Ah~ Ah~」と歌う姿では、もう堪えきれず、涙が溢れ出てくる。

 

音楽に命をかける真のアーティストたち。

その覚悟の一歩に立ち会っていることに、心底感動し、感謝の想いで胸がいっぱいになる。

 

「やってくれるなぁ」

 

ASKAさんは、自身の過ちに伴ってできてしまった障壁、不自由さを逆手に取って、

本来アーティストとしてあるべき、自由な活動をしようとしている。

 

ASKAさんの熱く燃え続ける音楽への情熱が、一体どう表現されるのか。

一番の関心はやはりずっとそこにあったのだが、

まさに、理想としていた「ミュージシャンASKA」のあり方ではないか。

 

「DADAレーベル」で叶えていくであろう、その本気の歩みは、音楽のあり方を、ひいては世の中を変えていく勢いを感じるものだ。

 

心を、人生を、より豊かなものにしてくれる音楽に、ミュージシャンに、

最上級の敬意を払いつつ、彼らの奏でる音楽を共にずっと感じていきたい。

 

と、いう話さ ASKA - YouTube