読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮﨑 薫 『From Here』を聴いて。

 
f:id:dyko:20170407020709j:image



柔らかな午後の陽射しの中、

3月30日にリリースされた、

宮﨑 薫さんのニューアルバム『From Here』を聴いた。

 

薫さんの歌は、彼女のラジオでの弾き語りや、昨年クリスマスに YouTube にUPされた「Last Christmas」などのカバーで時々聴いていたけど、オリジナル曲では「君と空」しか聴いたことがなかった。

 

3月に入って、Amazon であなたへのオススメ商品として『From Here』が表示されるようになり、アルバムのリリースを知った。

機会があれば聴いてみたいと思っていたぐらいだったけど、そのアルバムの紹介文と本人のコメントに強く心を打たれ、衝動的に予約してしまった。

俄然、彼女のアーティスト活動を応援したくなったのだ。

 

それでも、「とにかく聴いてみよう」

そのくらいの心構えだったような気がする。

 

 

ところが、

ゆったりとリラックスモードで聴きはじめた私に、いきなり一曲目から衝撃が走った。

ぶゎーっと鳥肌が立つ。

 

うわっ、うわっ、えっ、えっ、ちょっと待って。

 

ライブでは時々あるけど、CDを聴くだけではほとんど感じることのない感覚にうろたえる。

そこからはもう急速に、宮﨑薫さんの世界に引き込まれてしまった。

 

どこまでも心地よい、伸びやかで透明感のある声。

曲によって、パンチがあったり、可愛らしく転がったりと、自在に変わる表現力にとにかく驚かされる。

でもそれだけではない、音に込めた情熱、意気がバシバシ伝わってくる。

 

 

1.「ふたり」

歌い出しからギュッと心を掴まれる。

歌詞の隅々まで激しく共鳴し、震えが止まらなかった。

~痛みの重さじゃなく 共に苦しいから

    認め合って許し合っていこう

    この手をつないでふたり~

ここでの "ふたり” とは、恋人、友人、親子、自分と自分以外の全ての人、どの関係にも当てはまると思った。

 

2.「陽は昇る」

沈みかける気持ちを奮い立たせる、そんな力強さを感じる。

弱さ、強さを歌詞、ボーカルで豊かに表現している。海辺で夕陽が水平線に沈んでいく情景が浮かぶ。

 ~ねぇ あなたに連れられてきた海

     ねぇ 神様は見捨てないよという~

 

3.「ふたりのシナリオ」

ギターサウンドが爽やかな アップテンポの曲。切ない気持ちが素直に表現されていて共感できる。

~涙がつたう頬 冷たいや 切ないや~

~あんまりじゃないの~

こういった表現で、心の模様がリアリティを持って伝わってくる。

 

4.「One-Sided Love」

サビの「好き~」の部分がいい、心地よく耳に残る。

送信ボタンを押して、告白しちゃえばどう?

あぁ、でもそんなこと、できるわけないよね…。

と、つい歌詞のストーリーに入り込んでしまった。

 ~君をひとりじめ 出来る時は

    あの子のことで 悩んでる時~

 

5.「愛する人」

メロディー、歌詞、アレンジ、ボーカル、全てが最初から最後まで、とにかくかわいく、ポップに弾む。

コーラスに意外性があって、いいアクセントになっている。

 ~小さい手でぎゅっと 握る指

     いっぱい伝えよう 人生の喜びを~

ここのメロディーの歌詞が、どれも心に染み入る。

 

6.「Look Back」

ちょっと懐かしさを感じる、大人っぽいワルツ調の曲。

葛藤や苦悩、それを丸ごと包み込もうとする優しさに、泣けてきた。

~どうしてだろう 夢ばかり求められ

    上手くいかなければ 失敗と言われる

    なぜだろう 私たちはそれを

    恥ずかしい事だと思ってしまう~

 

7.「ふたり (Acoustic ver.)」

薫さんの澄みきったボーカルが際立つこのバージョン。歌声に身を任せているうちに、心がすーっと穏やかになっていく。

 

 

夢を見ているように過ぎた、あっという間の30分間。

 

YouTube の ダイジェストも数回聴いてはいたけど、アルバムを通して聴くとインパクトが全然違う。

 

もっともっと薫さんの歌を聴きたい、そう強く思わせる、詞、曲、そして歌声だった。

 

さらにいろんな色を醸し出すだろう、これからの期待も "大” な素晴らしいアーティスト、

 

「宮﨑薫」、

 

 このアルバム『From Here』と出会えたことに、

 

感謝。

 

 

 

いつもそばに置いておきたい、宝物がひとつ増えて、上向きになった気分。

 

まだ聴いていない人にも、是非聴いてみて欲しいな。

 

私の周りの人には、何も言わずにさり気なく聴かせようと思っている。

 

「ここから」絶対、大好きになる。

 

 

 

 

※Amazon で CD を買える他、iTunes Store などで配信もされています。

 

 

From Here

From Here

 

 

 

 ※ ミュージシャン薫さんへのASKAさんの想い。

僕がこの年齢のときには、こんな歌、歌えなかったなぁ。 - aska_burnishstone’s diary