読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ASKA new album を聴く。01.「FUKUOKA」

ASKA Music ASKA C&Aの歌と重なる想い

 

ASKAさんの new album 『Too many people』が届いてからというものの、日毎、全身にエネルギーがみなぎってくるのを感じる。

電流が走ったかのような、衝撃。

こんな感情がまだ自分に残っていたのかというほどの、心の動き。

眠っていた細胞が伸びをしながら起きてきたかのような、心地良さ。

 

 

もしかしてこれはとんでもないアルバムなんじゃないか?と言ったら、笑われるだろうか。

今頃気付いたのか、と。

 

全くミュージシャンASKAには圧倒されっ放しだ。

 

その想いが聴くほどに膨らんできて、感情の波にあっぷあっぷと溺れそうになっているので、

この音楽の前にどんな言葉もいらないことは百も承知で、一曲ずつ思い浮かぶことをとにかく綴っていきたい。

 

前回も書いたように、

ASKAさんがとにかく歌を歌い続けている、

アルバム発売までこぎつけた。

そのことが、まず高い高いハードルのように思えていて、どんなアルバムが出来上がるのか、ということに関してはそう突っ込んで考えていなかった。

 

ミュージシャンASKAにがっかりさせられたことはなく、今回もどんな歌が生まれていても、それなりに今のASKAさんを表しているだろう、とただ楽しみにしていただけだ。

 

アルバムの制作途中で、ASKAさんはASKAさんとして普通にその時に一番と思える作品を創ろうとしている、そう気付いて、もちろんクオリティーも期待できるものだろう、と考え直したものの、

その後の逮捕、勾留、不起訴処分の流れで、もう感情や心の準備はグッチャグチャになってしまっていた。

 

しばらく乗っていなかったのに、いきなり世界初の命綱のみのジェットコースターに乗っているかのような、そんな気分だった。

 

もしかしてアルバム発売は白紙、もしくは長期にわたる延期となるのかもしれない。

そして何より、ASKAさんの心身の状態を案じていた。

 

そして釈放わずか5日後、クリスマスにYouTubeで発表された「FUKUOKA」。

 


FUKUOKA ASKA

 

不起訴処分とはいえ、20日間にも及ぶ勾留、年内の発表は当然無理だろう。

そんな状態からの展開がドラマティック過ぎて、曲が流れると同時に、こらえていたものが溢れ出るのを止めることはできなかった。

 

思い起こせば、

 

9月19日。 

そんななか、ギターで柔らかくつま弾く感じの曲が生まれました。

アルバムには必要な曲のような気もしていますので、何とか歌詞を完成させ、歌入れに突入したいと考えています。

そうなると、並べた楽曲のなかで1曲外さなくてはならない曲がでてきます。

今、揃っている曲はとても気に入っていますが、入れ替えをして12曲入りになるのか、それとも、更に加えて13曲になるのか、非常に難しいところです。

おはよう。 - aska_burnishstone’s diary

 

と、アルバム制作中に出来た「FUKUOKA」。

 

ASKAさんがその時自然にギターを爪弾き、自然に生まれたであろうメロディー。

 

それからすぐ、ASKAさんの想いそのままを歌詞に込めた。

 

その歌詞によって、「FUKUOKA」は、ASKAさんの今の心情を表すと同時に普遍的なテーマとも繋がり、ファンだけではない多くの人々の心に響いたように思う。

 

 9月25日

すべての録音が終わりました。

最終楽曲、「FUKUOKA」

今回の楽曲のなかでは、いちばん薄い編成でしたが、アルバムの中では、最も意味を放つ楽曲になったと思います。

様々な障害の中、仲間と故郷、福岡に助けられました。歌は、感情を最大に優先して5回ほどのテイクで録り終えました。

ただいま。 - aska_burnishstone’s diary

 

たった4分ちょっとの歌に、映画一本分、長編小説一冊分ほどの物語が表現されている。

その表現の広がりは無限にも感じる。

シンプルでありながら、ここまでの深み、奥行きを出せるのは、天賦の才によるものなのだろうか。

 

 

 10月10日

13曲目にできた「FUKUOKA」は、ピアノとガットギターだけの編成です。 「ギターでつま弾く感じの曲」と、お伝えしたように、澄み渡るサウンドになりました。 歌詞の中で「僕のニューシネマパラダイス」と、いう一節があります。 これは、映画「ニューシネマパラダイス」のことです。この映画は幼い主人公が、やがて青年になり、恋をし、そして中年になり、老人となって行く人生のドラマを描いたものです。 映画も素晴らしいのですが、挿入されたテーマ曲が心に残ります。とにかく美しい。「FUKUOKA」のイントロでは、その「ニューシネマパラダイス」を、意識したメロディを奏でてあります。イントロだけで、チカちゃんは2時間費やしました。アルバムの入り口を見事に果たしてくれるメロディだと思います。

明日から、また始まります。 - aska_burnishstone’s diary

 

確かに映画、その挿入歌を意識したのであろう。この1988年に公開されたイタリアの映画は、サントラも大好きで何度も観て聴いてはいるが、意識したとはいえ当然全く別の音楽で、すぐには結びつかなかった。でも底に流れる精神は共通するところがある、そう感じた。

表面的には違った形でも、心の同じ場所、琴線に触れるようで、何十年も前にこの映画を観た時と、今「FUKUOKA」を聴いて感じるものが、重なる部分のあることに驚かされる。

 

淡々と制作過程を伝えてくれている、ASKAさん。たったの2時間であの素晴らしいイントロを仕上げる、澤近さん。この二人の才能の融合は本当の名曲を生んだ。

 

 

10月8日

先日、完成した「FUKUOKA」ですが、どうしてもガットギターを入れたくなり、急遽、移動、そしてスタジオに飛び込みレコーディングをしました。

古ちゃん(古川昌義)が、駆けつけてくれました。これで、完成です。

僕はしつこいのです。 - aska_burnishstone’s diary

 

しつこい!?ASKAさんのインスピレーションから、古川さんのガットギターが入った日。

ブログ開始後初めて、斜め後ろからのASKAさんと古川さんのモノクロ写真がUPされた。

この写真と同じものが古川さんの facebookにも「やっと会えました。 ^_^    嬉しです。」の言葉と共に載っていて、

その後の、一木さん、古川さんのライブへの飛び入り参加の経緯からも、

仲間の温かさ、有り難さを感じ、焦げるほどに胸が熱くなった。

 

彼らの気持ちは、透き通る純粋さの中で繋がっている。

 

 

9月24日

歌詞に、

いまは昔 昔はいま 誰でもない自分さ

生きるように生きてきた めくれば文字が現れるように

こんにちは さようなら おはよう おやすみなさい

繰り返しながら僕はここに居る

sweet and good memories

ニューシネマパラダイス

と、いう一節があります。

気に入ってます。

さて、 - aska_burnishstone’s diary 

これを読んだときは、正直この歌詞の意味を深く考えていなかった。「ニューシネマパラダイス」とASKAさんの歌がどう混ざり合うのだろう、早く全体を通して聴きたいな、というくらいで。

そして、今。

涙腺の強い私が、聴く度にこみ上げてくるものを必死にこらえるのは、まさにここ。

この部分だけは、平常心を保っていられない。

 

古川さんはいつもアーティストがどう表現したいのか、と歌の心を掴んで、歌の世界が最も伝わるようにと演奏する素晴らしいギタリスト。ASKAさんと一緒に音を創れることを心から喜んでいる彼のギターは優しく、本当に優しく、澤近さんのピアノと重なり、そして、ASKAさんの歌声がそこに加わる。

人の一生が表現されたこの歌、特にこの部分に象徴される円(縁)には、喉の奥がきゅうぅっとなってしまう。

転んでたった一人で立ち上がろうとしている時に、何も言わず寄り添ってくれたり、手を差し伸べてくれたり、そんな人たちの顔が思い浮かぶ。

最後の言葉は本当に自然な、心からの

「ありがとう」がふさわしい。

 

 

アルバムを通して聴いて13曲目の「しゃぼん」が終わり、エンドレス再生でまた1曲目の「FUKUOKA」が始まる時、

"アルバムは一つの円”というASKAさんの表現が実にしっくりくるほど、始まりと終わりが自然と繋がって一つになるのを感じる。

 

 

「FUKUOKA」は、

生きるということ、

過去·現在·未来への想い、

その中で出会う人々の温もり、優しさが詰まった、

ずっと先まで寄り添ってくれる、

誰が創ったのか、歌っているのかさえ分からなくなるまで生き続けるであろう、

 

そんな歌だと思う。