読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ASKAさん、もうすぐだ!

ASKA C&Aの歌と重なる想い ASKAブログコメント欄に収まりきらない想い

CDショップにASKAさんのアルバム

『Too many people』が並ぶ日が、もうすぐ、もうすぐやってくる。

 

 

【塞がれたあの日の記憶が 音を立てて戻ってくる】

 

「チャゲアス再始動!!」の心踊るニュースに、気持ちがゴムまりのように弾んだ2013年1月。

心の中で何度もガッツポーズを繰り返していた。

そんな浮かれた気分は、6月Chageさんのラジオから流れてきた「復活ライブ延期」のお知らせで急速に沈んでいった。

淡々と伝えようとするChageさん。

でもその声は、告げられた病名以上の、何かとんでもないことが起こっている、と感じさせる深い悲哀を湛えていた。

「僕はもちろんいつまでも待っています」

そうChageさんは締めくくり、

『On Your Mark』が流れた。

その日からイヤな予感は次々と現実となった。

予想をはるかに超えて…。

暗く長く冷たい洞窟に入り込んだようだった。

 

 

2016年7月になって、ASKAさんが始めたブログ。

急に射し込んだ眩い光に戸惑いながら、目をこすりこすり確かめた。

 

【ひとつひとつ掴んでみる 確かめてみる】

 

その感覚で一歩、また一歩。

 

ようやく形が見えてきて、『ASKAさん、いよいよですね。』とこの日記に綴ったのが11月26日。

翌27日にはさらなる嬉しいお知らせ。1月のアルバム発売に先がけて、年末にはYouTubeで新曲をUPするという。いいお話の連続に、天にも昇りそうな気持ちになった。

 

それが次の日には一転。まるでそうはさせるもんかとでもいうように、一気に真っ暗闇に引きずり込まれた。

今でも思い出すとギューっと胸が締めつけられる。

色んな感情が次々と湧いてきては、ぐるぐる回る。

崩れ落ちそうになる気持ちを必死で奮い立たせ、

今、何ができる?

どうするべき?

と、それでも道は必ずあるはず、と一人一人の力を信じた21日間。

 

 「どんなASKAさんでも、応援し続ける」

 

気持ちは揺るがないけど、一体何が真実なのか。そこがまず知りたかった。

 

ASKAさんのブログが固まってなかなか開かないのに加え、

どうなっているのか分からない、じりじりとした思いと、驚きと不安から、身体の震えもとまらなかった。

 

「大丈夫だ。信じて待て。お前らのASKAを信じろ」

 

まずは事実確認をと、感情をフリーズさせていた私に、

飛び込んできた真っ直ぐな言葉。

 

「苦しいよ」

「信じています」

「間違いであって欲しい」

 

様々な表現方法で、

今まで分かちあってきたみんなの心が、揺れながらもASKAさんのブログに集まった。

ASKAさんが勾留されてからの20日間は、執拗で悪質なコメントで溢れた。

無実や冤罪を訴えるような内容のコメントを残そうものなら、即否定され、揶揄される。

外ではテレビが暴走を続けている。

そんな中で、ため息をつきながらではあっても、希望を捨てずにいられた。

暗闇の中でも、決して孤独を感じなかった。

 

皆が今のこの状況を望んで、夢見て…。

 

 

【不意に巻き込まれて 動き取れないでいたけど もうすぐだ】

 

 

ASKAさんのブログに寄せられるたくさんの気持ちは、私にとっても大切な宝物だ。

 

でも、時々迷っていたり、傷ついていたり、寂しがっている心も見つける。

 

一人一人考え方や表現の仕方はバラバラかもしれない。

だけど、居なくていい人なんて一人もいない。

 一人じゃないよって伝わるといい。

 

そして皆で一緒に喜び合いたい。

 

だってこんな経験はもう2度とない。

 

皆が大好きなASKAさんの音楽。

新しいアルバムは、

 

もうすぐだ。

 

 

【ここは夢の ここは何処か 夜明けを抜けて】

 

 

夢が叶うところ、皆と一緒に感じたい

 

 

 

 

 

 

※【】内 歌詞引用  ASKA 作詞·作曲「もうすぐだ」 1996年