読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ミヤネ屋」「バイキング」ASKAさん釈放後の報道。

ASKAさんが逮捕されるという速報を受けてから、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」では、井上公造氏がASKAさんの未発表楽曲を流したり、逮捕当日の放送後の電話を翌日以降も繰り返し流してはBGMやイメージ映像、専門家、経験者の意見などでASKAさんは重度の薬物依存症という印象を与える内容の報道をしていた。

 

同じ宮根誠司司会のフジテレビ系「Mr.サンデー」では、ASKAさんの実家の父親を直撃取材した様子を伝え、ASKAさんの父親から「調べてもらいたい」として預かった栄養ドリンクの成分を分析。

結果、覚せい剤反応は出なかったことから「息子さんは残念ながら覚せい剤を使用していらっしゃるということになると思いますよ」と発言していた。

 

この経過をふまえての12月20日、ASKAさん釈放翌日の「ミヤネ屋」。

宮根氏は冒頭「先月逮捕されたASKAさん、昨日一転不起訴処分となり釈放されました。一体あの逮捕劇は何だったのでしょうか」とやや早口に告げ、淡々と番組を進行していった。

事件の流れや、不起訴理由、ASKAさんが釈放後更新したブログの内容を紹介する内容ではあったが、元大阪府警科捜研 総括指揮官 若槻氏や元警視庁捜査一課 理事官 大峯氏、弁護士の蒿原氏、スポーツニッポン阿部氏などにコメントを求め「大量の睡眠薬やドリンク剤で覚せい剤成分が出ることはない」や「ブログ内で尿検査を受けたと言っているのに、180度言うことが変わっているのはどうしてか」「覚せい剤の成分の入ったものを認識して持っていたことになる」などと、仮定の話としながらもASKAさんの行動には疑いが残る、という印象を与える内容。

元依存症者で回復施設「ワンネスグループ」で依存者の支援をしている一森氏の「不起訴の一報を聞いて安心した。刑罰より回復。 ASKAさんをどうサポートしていけるのか」やジャーナリストの岩田氏「初動の捜査にずさんなものがあったのかどうか」などの発言はスルーされたり、話題をすり替えられたりといった状態。

宮根氏がASKAさんを起訴されるものと断定した話し方をしていたこと、井上公造氏の未発表曲公開、タクシー映像、電話の会話公開についての発言は、全く見受けられませんでした。

 

対して、その前に放送されていたフジテレビ系「バイキング」では、話題冒頭より「まだ容疑の段階なので不起訴になることもあるかもしれないとしていたが、専門家の方々の尿検査陽性はほぼ間違いなく起訴という意見のある中、結果不起訴」とやや言い訳がましい感じで始まった。

コメンテーターのヒロミさんは「良く分からない状況、警察がどうしちゃったのって感じ」、

小藪さんは「お巡りさんも、あかんことやけど間違いはある。不起訴を言うことができてよかった。注目を集めているから隠蔽しようってならなくて」と発言。

坂上さんはまず「ミスはどんなところにあったのかということですね」と論点を明らかにし、

兵庫県警元警部補 飛松氏による「ありえない。警察の大失態」というきっぱりとした発言から、警察の捜査の問題点が話題の中心となった。

弁護士の清原氏「こういった言い分は実は珍しいことではないのに、警察がそれに対応する対策をとっていなかったことがあまりにもずさん」

松岡ゆみこさん「逮捕時の映像を見てびっくりした。そんな凶悪犯でもないのに寄ってたかってあれだけの警察とマスコミがきて、ベンツのエンブレムも割って、誰が弁償したんですかね」

坂上さん「警察も人間だからミスするけど、対象が対象なだけに、これはちょっと…」

などと捜査手順の甘さを追及する内容。

清原氏は「自分の犯罪の証拠は例え隠滅していたとしても不処罰」という一般的にはあまり知られていないが、大切なことを説明してくれた。

途中、ASKAさんが2度ブログを更新したこともあり、生放送の内容が一部変更されることになった。

 

ずっと考えていました。 - aska_burnishstone’s diary

 

先ほどのエントリーを、読み直してみました。 - aska_burnishstone’s diary

 

坂上さんは動揺しながらも「ブログによると『今の自分から尿を採られると、(覚せい剤を)してなくても陽性にされちゃうので、お茶を入れて試した』とざっくり言うとこういうことですかね」と問うと

飛松氏は「今回は分からないが過去に(虚偽の検査結果)あった」

清原氏は「案の定、科捜研から陽性反応の結果が出たということですね」などと何か事情がありそうだという見解だった。

 

その他、清原氏の「アンフェタミンはアメリカで売っているサプリにはほとんど似た成分が含まれていることがあり、日本ではまだ規制があいまい」とネットでは広まっていた意見が弁護士の方から発言されたのは良かった。

小藪さんが「これを最後にもう薬はずーっとやめてほしい」ということをやんわりと言ったにも関わらず、すかさず坂上さんは「無実ということをASKAさんはブログで言ってるので」と強調して、使用ありきの発言がないように気をつけていた。

YOUさんの「ASKAさんの仰ってることが本当だとしても、一回過ちがあると信用されにくい」と言うのは、どうしてもぬぐい去れない偏見との戦いを考えさせられる。

清原氏「矛盾があってもきちんと検証しないといけない。それを国民に伝える義務がある」などなど、

ところどころで、「決めつけてはいけない」「そうだとした場合」「ASKAさんの言い分では」などの言葉でかなり慎重に皆さん発言していらっしゃいました。

 フジテレビのドラレコ映像入手が叩かれているからなのか、というのは考え過ぎかもしれないですが、この日の「バイキング」は、ASKAさんのブログ更新もあって、見応えがありました。

 

 

その他、

井上公造氏はYoutubeでも見ることのできるAbemaTV「テレビじゃ言えない芸能ニュース芸能マル秘チャンネル」で、「科捜研の陽性反応があって、正直ASKAさんが起訴されるという前提でもって、TVでもマル秘チャンネルでも言ってきたことは事実です。不起訴が決まったということで、これはちゃんと僕らマスコミ側、伝える側はASKAさんに詫びないといけないなと思います。申し訳なかったと思います。」という言葉に続き、20日のASKAさんのブログを紹介した。

未発表楽曲の公開については、一言もありませんでした。

 

Twitterではロンドンブーツの田村淳さんが、

「報道番組だって正確な情報を届けようと尽力しても、間違う事、誤報を打ってしまう事もある…その時は何もなかったようにやり過ごすのではなく、素直に謝罪する方がその後の情報に信頼が持てる! …と思うのは僕だけでしょうか?」

とつぶやいています。

 

 

そうです。

誰でも人間である限り、過ちはあります。

自分の過ちをきちんと認められる。

反省をして繰り返さないようにする。

人の過ちを必要以上に責め立てることなく、寛容な態度を示す。

 

言葉にすると小学生に言い聞かせているみたいだけど、難しいみたいです。

 

とにかく、今後のASKAさんの発言、活動には、たくさんの関心が寄せられることになると思います。

 

投げ込んだのは、砂利でも小石でもなく、行く手を塞ぐほどの大きな岩に見えました。

ASKAさんは横から見ていてその岩が非常に薄くて軽いということを、分かっていたのでしょうか。

もしそれを投げ込んだのだとしたら、しぶきは高く広い範囲へ飛びます。

 

しっかり見届けようと思います。