読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだまだ『Too many people』で眠らない夜。

『700番 第二巻/第三巻』、『Too many people』、そして『700番 第一巻』と、大きな石が、次から次へと投げ込まれていく。 11月3日 何もしないと、何も生まれません。 僕の小石は歌です。 どんな水しぶきを上げるのか。 これまでは、投げ込んだ時の音で、歩…

ASKA『Too many people』余韻。

「しゃぼん」が終わり、ループ再生が 「FUKUOKA」のイントロを流す時、 言いようもない安心感に包まれる。 まるで赤ちゃんが母親に抱かれるように。 ASKAさんの歌声を聴くと、その深い温かみにまた泣きそうになる。 2月26日 いろいろなことがありましたが、 …

ASKA new album を聴く。13.「しゃぼん」

ほとばしる生命力が強く感じられた、このアルバム『Too many people』。 全編を通して聴いて伝わってくる、 ASKAさんの生き様、ASKAさんの景色。 それは、 「虹色に回る 色の定まらないしゃぼん」 「屋根の近くまで届いては消える しゃぼんのよう」 だと、最…

ASKA new album を聴く。12.「未来の勲章」

雲の隙間から少しずつ明るさを増していく、そんな朝焼けのイメージが湧いてくる。 9月1日 ただ今「未来の勲章」が、上がりました。 8ビートのロックサウンドです。 終わったー! - aska_burnishstone’s diary 終わったー!という達成感を一緒に感じて、にっ…

ASKA new album を聴く。11.「信じることが楽さ」

最初から最後まで、ASKAさんの根っこがそのまま伝わってくる歌詞。 「僕は迷いもなく 遠い星を数えて 深い深い夜を愛おしく思う」 生命に対する深い愛を感じ、一つ一つの言葉が心に沁みる。 個人的には、よくぞこのアルバム『Too many people』に入ってくれ…

ASKA new album を聴く。10.「通り雨」

ASKAさんの「ら·ら·ら」♪ がとにかく優しく、心がすーっと穏やかになっていく。 7月21日 今、みなさんにお聴かせしたい新曲は「通り雨」という楽曲です。フランス映画のような心地よさを感じてもらえるはずです。「楽曲制作は急がないでくれというコメントが…

ASKA new album を聴く。09. 「元気か自分」

まるで、大人向けの絵本のよう。 幼い頃行きたかった雲の上に散歩に行ってみた。 この曲を聴いていると、そんなフワフワとした夢の世界にいるような気分になる。 時々流れるピアノの音色が、天使の足音みたい。 前曲「と、いう話さ」から、ガラッと場面が変…

『音楽と人』ありがとう!!!

これほど、恭しく一冊の雑誌を手に取ったことがあっただろうか。 ASKAさんにインタビューをした金光裕史さんのツイートから、金光さんの想いが伝わり、楽しみにしていた発売日。 明日は「音楽と人」4月号の発売日!!! - dyko’s diary 実際雑誌を目の前にする…

ASKA new album を聴く。08.「と、いう話さ」

このアルバムの曲の繋がりでは「Too many people」から、「と、いう話さ」へ移り変わる時が一番ゾクゾクする。 張り詰めていた緊張感を、 「と、いう話さ」とオチをつけたかのように、打ち破ってくるロックサウンド。 ASKAさんのロック魂は生きている! アル…

ASKA new album を聴く。07.「Too many people」

「それでいいんだ、今は」のポジティブで爽やかな曲調から一転。 一気に照明は落とされ、ASKAさんだけがスポットライトの中に照らし出されている。 そんなイメージが湧いた。 心の奥底から吐き出しているかのような、ほとばしる感情に満ち満ちた歌い方は、哀…

ASKA new albumを聴く。06.「それでいいんだ今は」

ビートがきいていて、伸び伸びしたASKAさんの声がなんとも気持ちのいい曲。 お昼休みの終わり、仕事を再開する前に聴きたくなる。 爽やかさいっぱいに、エネルギーを充電できそうだ。 ASKAさんのブログ内では触れられたことのない曲で、タイトルを知った時は…

ASKA new album を聴く。05.「X1」

1月20日に、YouTubeで公開されてからというもの、new album を待ちながら何度も聴いた「X1」。 「リハーサル」、「東京」で高まっている心が、久しぶりの友人に再会したように、安心する。 可憐なピアノの旋律からはアンバランスな、始まりのフレーズ 「西向…

明日は「音楽と人」4月号の発売日!!!

ASKAさんのアルバム『Too many people』があまりにもキラキラ虹色に輝いているから、時が経つのもあっという間に感じる。 ASKAさんがその『Too many people』について語っている雑誌、 『音楽と人』は明日3月4日発売です! 音楽と人 2017年 04 月号 [雑誌] …

ASKA new albumを聴く。04.「東京」

「リハーサル」で呼び覚まされた、 鎮まりそうにない情熱の炎。 その炎は、 4曲目「東京」で、 ライブの始まりを予感させる、 華やか、かつ軽やかな入口へと招かれる。 ほんのり空が明るんだかな、と気付くと同時に、 一気に雲が散り、 眩しい、 光に包み込…

ASKA new albumを聴く。03.「リハーサル」

なんて、カッコイイ。なんて、熱いんだ。 「Be Free」で苦悩を乗り越え、解放に近づいた精神が、 ここで強い意志を持って、力強く1歩踏み出したかのよう。 「FUKUOKA」、「Be Free」と続き、 さぁ、ここからは初めて聴く曲だ、とより一層神経を集中して、息…

ASKA new album を聴く。02.「Be free」

胸が締めつけられるような、絶望に泣いたあの感覚が拭えない人も、ファンの中にはまだまだいるのではないだろうか。 音楽や香りは記憶を蘇らせる力を持っている。良い思い出ならいいけど、苦しかったこと悲しかったことまでありありと姿を現し、その現象の前…

ASKA new album を聴く。01.「FUKUOKA」

ASKAさんの new album 『Too many people』が届いてからというものの、日毎、全身にエネルギーがみなぎってくるのを感じる。 電流が走ったかのような、衝撃。 こんな感情がまだ自分に残っていたのかというほどの、心の動き。 眠っていた細胞が伸びをしながら…

ASKA『Too many people』を聴く。

生きていてくれれば、 元気でいてくれれば、 歌を歌いたいという気持ちさえ持っていてくれれば、 音を紡いでいてさえくれれば、 それだけで十分だと思っていた。 レコード会社も決まっていない、全く白紙の状態から、 スタジオ他、細かい制作条件にも限りが…

ようやっと!! ASKA『Too many people』

生まれたばかりの赤ちゃんを抱きかかえるように、 そうっとそうっと、 大切に大切に。 ずいぶん長い間、 愛情たっぷりに抱いたまま、 身動きもとれなかった。 今日2月24日は、ASKAさんの誕生日。 様々な事情によって発売日より遅れることとなったけど、 よう…

ひとまず深呼吸を。

呼吸困難に陥りそう。 待って、待って、 望んで、望んで、 待望の ASKA new album 『Too many people』 2017/2/22 on sale !! 1. FUKUOKA 2. Be Free 3. リハーサル 4. 東京 5. X1 6. それでいいんだ今は 7. Too many people 8. と、いう話さ 9. 元気か自分…

『700番 第二巻/第三巻』を読んで。

( 引用部分はすべてASKAさんのブログaska_burnishstone’s diary からです。) ASKAさんは、やるべきことをやりきった。 すべて読んだ後、そういった安堵感が心に広がっていくのを感じた。 内容は、シリアスですが、シリアスにならず「そんなことが起こってい…

『700番 第二巻/第三巻』を読む前に考えたこと。

ASKAさんが3月17日に加筆修正し出版する本『700番 第一巻』は、2016年1月9日ブログという形で突然ネット上に発表され、即削除された。 そしてブログ削除からしばらくして、ASKAさんが精神病院に入院したという何とも悲しいニュースを聞いた。 それまでのメデ…

ASKAさんのTV出演翌日の各TV報道。

(本の内容が分かるような部分は、ネタバレにならないよう省いています。) ASKAさんのテレビ西日本『ももち浜ストア』生出演、放送翌日の16日、 各情報番組はこの話題をどう取り上げたのか。 関係者が一丸となって実現した内容も、 実際には全国ネットで取り…

ASKAさんのテレビ出演。※ 追記あり。最新 2/17 12:30

今日、2月15日。 いよいよ、ASKAさんがテレビで「FUKUOKA」を歌う。 生放送、フルサイズで。 こちらまで、ドキドキしてくる。 どうか上手くいきますように、 と祈る気持ちと同時に、 今のASKAさんが全身全霊を込めて歌う 「FUKUOKA」 聴きたくて、聴きたくて…

ASKAさん、切ないですね。

まだまだ苦悩を背負っている。 昨日(2月12日)のASKAさんのブログを読んで、複雑な気持ちになった。 ブログを始めてから、半年が過ぎました. - aska_burnishstone’s diary ASKAさんが盗聴·盗撮などに苦しんでいたことは、『700番』(第一巻)を読んで以来気にか…

『Too many people』を聴く準備は万全 !?

ASKAさんの『Too many people』の発売日(2月22日)が迫ってきて、ウキウキそわそわする日々だ。 予約は早々にしていたけど、 もうすぐ聴けるんだ、という実感と共に、 そう言えば ! と現実的になって色々と具体的な準備をした。 音楽を聴くツールが時代と共に…

「SPA!」ASKAさんの記事。

「SPA!」を読んだ。 1月3·10日号と、2月14·21日号。 本の出版社と同じ扶桑社の雑誌だから、いわゆる宣伝活動の一環なのだろうとは思う。 そうは言っても、久しぶりに雑誌という媒体でASKAさんの本当の言葉が掲載されている、そのことに嬉しくないわけがない…

言葉を大切に、心は柔らかに。

小さい頃から、本を読むことが好きだった。 本に限らず、新聞、雑誌、商品の説明文まで、気付いたら目は言葉を探している。 情報を自分のリズムで理解できたり、情景を自分の想像で思い浮かべることができる自由さが、好きなんだと思う。どれだけ時間をかけ…

ASKAさん、そわそわしますね。

2月に入ってから、時間の経つのが早いような、遅いような、不思議な感覚に落ち着かない。 2月17日の『700番 第二巻 第三巻』、 22日の『Too many people』発売。 福岡のテレビ番組での「FUKUOKA」の披露。 これまでのASKAさんの一歩、一歩が、ついに形となり…

ASKAさんと坂上忍さん。

ASKAさんの人を信じる力にはまったく驚かされる。 2月1日放送の、フジテレビ系「バイキング」を観て思ったことだ。 坂上忍さんによると、1月31日の会食はASKAさんからの要望で実現した。 但し、坂上さんは事前に、 プライベートで会ってしまうとオフレコにし…

ASKAさん、TV出演決定!!

兄とじゃれあって遊んでいた時に、テレビから流れてきた「モーニングムーン」。 まだ小学生だった私も兄も、その瞬間、遊びを忘れてテレビ画面に釘付けになった。 観終わった後、「何これ…すご」と呟いたきり、二人で言葉を失ったことを思い出す。 一球入魂…

ASKAさんの逮捕報道、BPOの見解に疑問。

BPO (放送倫理·番組向上機構) は、1月13日に開かれた放送倫理検証委員会の議事において、ASKAさんのタクシー映像使用については審議の対象にしないことを決定した。 以下、1月23日に公開された議事概要の抜粋。 ASKA氏逮捕報道でのタクシー車載映像使用など…

ASKA 『X1』個人的感想。

X 1 ASKA 西向きの窓のようさ 君の生き方は 光が遅れて差し出される場所 2曲目です。 - aska_burnishstone’s diary ASKAさんの『X1』公開後、たまたま遅くまでやらないといけない仕事があった。 気の重くなるその仕事中、 やっとやり遂げた後、 ようやくベ…

ASKA『 X1』

これには、まいった。 2曲目は1月24日前後発表、 ということだったので、その辺りに合わせて心身を整えていくつもりでいた。 大げさなと思われるかもしれないが、 待ち遠しいを通り越して、今までに味わったことのない熱い感情の波に日々翻弄され、今だ戸惑…

ASKA New Album 『Too many people』発売日 決定 !!!

あぁ、ついにここまできた。 New Album Too many people は、 2月22日発売に決定いたしました。 報告です。 - aska_burnishstone’s diary ただの連絡事項のような一語一語が、愛おしくて仕方ない。 大げさではなく、抱きしめたくなる。 4行で表せる、たった…

ASKAさんの本『700番 二巻 三巻』発売前に想うこと。

来月17日に、ASKAさんの本『700番 二巻 三巻』が、出版されることが分かった。 予定では、一巻、二巻の出版だったはずが、思わぬ大変な事態が起きたことで、三巻を急遽追加執筆する必要ができてしまった。 さすがに三巻全部となると、内容も値も負担の大きい…

ASKAさん、もうすぐだ!

CDショップにASKAさんのアルバム 『Too many people』が並ぶ日が、もうすぐ、もうすぐやってくる。 【塞がれたあの日の記憶が 音を立てて戻ってくる】 「チャゲアス再始動!!」の心踊るニュースに、気持ちがゴムまりのように弾んだ2013年1月。 心の中で何度も…

ASKAさんの大きな一歩。

1月12日のASKAさんのブログ「車中。」での、ASKAさんとタクシーの運転手さんの会話。 乗るべくして乗り、交わすべくして交わされたと思われて仕方がない。 私が最も気になっていることの一つに、ASKAさんの覚せい剤や薬物に対する認識は今はどういったものな…

星に祈りを。

ASKAさんのお母様がついに旅立たれた。 満月に迎えられて。 寂しさが消えることはない。 だけど、深く、大きな愛をお持ちのお母様は、 ひときわ強い光を放つ星となって、 ASKAさんを、この世の中を見守ってくれる。 これからは、天上に、 お母様の魂が星とな…

ASKAさんは世の中を変えることができる。

ASKAさんの行動に本気がみなぎっている。 今やテレビ、雑誌、ネットニュースでは、ニュースソースとして、ASKAさんのことを報じる時には、ASKAさん本人のブログ (aska_burnishstone.hatenablog.com) の記事を引用しない訳にはいかなくなった。 1月9日のフジ…

ASKA とアインシュタイン 、アポリネール 。

「天才」であるとか「神」であるとか崇められるのは、決して居心地の良いものではないような気がする。 才能があればあるほど、限界を知る。 知れば知るほど、無知に気付く。 『DADAレーベル』のキャラクターを見て、アインシュタイン (Albert Einstein、187…

攻めるね! ASKAさん。

「DADAレーベル」のキャラクター。 「あっかんべー。」と、舌を出しているのではなく、「なんちゃってぇー。」なのだそうです。 一番核となっている音楽の、自身のレーベルキャラクターに「なんちゃって」とは。 すごい・・・。 ASKAさんの本気を感じる。 そし…

「DADAレーベル」とASKAさん。

んんん?!!! コアなASKAさんのブログ読者は、お正月気分でまったりしている暇もない。 C&Aでもソロでもやっていなかったこととして、 昨年11月3日のブログで、準備していることだけを伝えてくれていた。 それが 「DADAレーベル」というASKAさん名義のレーベル…

ASKAさんの 本『700番』の出版について想うこと。

まるでこちらの思惑を見透かしているかのような、ASKAさんのブログの更新内容にドキッとする。 釈放後から、ASKAさんのブログは、テレビで事件の解説や分析に引用されたこともあり、閲覧者も急増したのだろう。 読者数は今日(1月2日)の時点で5331人。 逮捕前…

謹賀新年。世界中に優しさを。

あけましておめでとうございます。 昨年ご縁があって始めたブログも、ASKAさんの身辺の急変によって、ASKAさんの事件に関して、その時感じたこと、事実として受け取ったことを記すことが多くなった。 マスメディアがまともに機能していない中、 個人の想いや…

ASKAさんの「FUKUOKA」と共に年を越せる幸せ。

今年も悲喜こもごも、色んなことのあった年だった。 クリスマスも年末年始も仕事の繁忙期と重なり、大掃除どころではなくバタバタとしている。それでも大晦日を過ごすにあたり、気持ちだけでも静粛に、新年を迎えたい。 思い返せば、 1月のASKAさんの『700番…

ASKAさんの幸せ。

「みなさんが、僕の歌を聴いてくれていることで、僕は幸せ。」 (ブログ aska_burnishstone's diary12月27日より)新曲「FUKUOKA」をYouTubeで公開後、ASKAさんは確かに評価された、アーティストとしての自分を取り戻したのだろう。歌い手として、久しぶりに感…

ASKA「FUKUOKA」の反響、テレビ報道。

聴けば聴くほど深く心に染みわたっていく。 公開からたった二日しか経っていないのに、ずっとこれから多くの人々に歌い継がれていくだろう、そう思える、自然と耳に残る優しい歌詞とメロディー。 2012年に発表されたアルバム「SCRAMBLE」以来、待っていたど…

ASKA 新曲「FUKUOKA」

ヘッドフォンから流れる魂の音色に全神経を集中させる。 澤近泰輔さんのピアノ、古川昌義さんのガットギター、そして…、 ASKAさんの声。 どれもが果てしないほどに優しく心に響く。 これまで堪えていた涙が不意に一筋流れると、堰を切ったように止まらない。…

世界に Merry X'mas

どんな心境でクリスマスを迎えることになるのか予想出来なくなった時から、カレンダーはただ予定を確認するためだけの数字の表となった。 お店に来てくれるお客さんへかける言葉が、メリークリスマス!に変わったことで、今日がクリスマスイブだということに…