ASKAソロ「黄昏を待たずに」(2/12) 配信スタート!

1986年、チャゲ&飛鳥でリリースされた「黄昏を待たずに」

カップルでのドライブにぴったりな、爽快感溢れるこの曲をASKAさんがソロとしてリメイク♪

 

これはCDアルバム「Black&White」の初回盤先行予約特典だったので、すでに聴いた人も多いだろうけど、

配信でアルバムを購入した人や、遅れてCDを手に入れた人たちなど、まだ聴けていなかった人たちにとっては嬉しい「Weare」からの配信!

 

 

これはみんなが聴けるといいなぁ、と思った、あの時の感想と共に…。

 

2017年9月15日

歌入れの作業は朝まで続きました。

それをリリースしたのは約30年前ですからね。

「次のカーブが来たなら キスをくれないか」

いやもう、照れるわけです。

さて、コーラスワークはどうしょうかと。

C&Aでの良さを残しながら、今の楽曲にしなくてはならない。

ただ、高い声はあの頃より出ますから、

爽やかでも肉厚のあるハーモニーをつけました。

 黄昏を待たずに - aska_burnishstone’s diary

 

今のASKAさんはどう歌うんだろう、

わくわく想像しながら、まずは改めてオリジナルを聴く。そうやって曲にぐっと気持ちを寄せてから、いよいよ新しい「黄昏を待たずに」へ。

 

あ、れぇ?こんなだったっけ!?

あまりの変わりように一瞬戸惑うも、そこにすかさず、来た、来た!これ、このメロディー ♪

 

ASKAさんの声がすごく近く、艶やか!

 

ちょっとテンポを落として大人になった「黄昏を待たずに」は、ASKAさんの声をいっぱいに感じられる。藤山祥太さんのハーモニー、ハードルが非常に高いところだけど、違った色が重ねられ、それもなかなか良い。

「僕の心の色になれ ha ooh~ 黄昏待たずに I love you ~ha ooh」最後のリフレイン、好きだなぁ。

 

新しいアレンジ、好きだな、いいな、とってもいい!歌っているところが観たい!

 

嬉しくなって連続して聴いていると、当時のASKAさんの顔と今のASKAさんの顔が交互に浮かんできて、ちょっぴりじんとくるものがあった。

オリジナルがリリースされた1986年は、他に「モーニングムーン」「Count Doun」「指環が泣いた」となんと4曲も!驚きのペースでシングルが発表されている。

当時、TVで観た二人のパフォーマンスは、中学生の私にとってかなりの衝撃だった。

何も分かっていないながらも、いっぱいに溢れるエネルギー、新しい音楽スタイルを感じ、強く惹き込まれたのを覚えている。

 

リメイクは、往々にしてオリジナルには勝てません。

それは、勝てないのではなく、聴かれたリスナーの中に、

思い出が詰まっているからです。

でも、作り手としては楽しいのですよ。

「聴き手も楽しい」

そうなるよう、やってみますね。

 

もちろん、楽しい! 

それに聴き手として、こんな贅沢なことはない。

今と明日は、昨日があるから。

以前の思い出はそのままに、新しい時間も重ねられる。

こんなふうにASKAさんの過去の曲と過ごせる今に、喜びしかない。

 

「今、僕が歌うならば」

これを大切にしたいのです。

「今、ASKAさんはどう歌うだろう」

そこをやっぱり聴きたい。

 

そして、今後もこのコンセプトは続けていく、そんなASKAさんの想いには大賛成だ。

 

次の曲は何だろう?

どう生まれ変わる?

 

思いっきり楽しみにしたい。

 


f:id:dyko:20180219070826j:image

 

 

Weare オフィシャルサイト

http://weare-music.jp 

ASKAさんの新曲デモ音源!

痺れた。

何もかも忘れるくらい、惹き込まれた。

 

ヘヴィメタル風?とも思わせる、シャウトが似合うハードな曲調の中に、涼しい風が時々吹いてくるような (とにかく聴いてみて)。

そう、こういうRockなASKAさん好き!待ってました!!と興奮を抑えられない。

 

 

2月6日

アーティストは、誰かの利益のために音楽をやっているわけではありません。

次の作品を作るためだと言い切れます。

思うところがありまして「YouTube」動画を差し替えます。 - aska_burnishstone’s diary

 

音楽を生み出す使命を持つ、ASKAさんの言葉だからこそ、強い説得力がある。

 

アーティストの権利は、アーティストが守る。

 

そう言わなくてはいけない現状。

本来、アーティスト、その作品は、もっと守られていなければならない、

人の心を豊かにする、直接は見えない芸術、文化の価値をもっと認め、大切に扱わないといけないんじゃないか、と思う。

 

 

未発表音源をいつ、どのように公開するのかを決めるのは、創った者だけの権利である、そうはっきりと分からせてくれるような新曲発表。

 

あまりのカッコ良さに、

デモ音源、歌詞もついていない状態で、もうすっかり夢中だ。

 

ここからどう膨らむんだろう。

どんな歌詞がのるんだろう。

完成形が待ち遠しい!

 

ASKAさんは、音楽の楽しみ方を今までにない形で広げてくれる。

 

音楽を心から愛し、音楽の力を信じている。

 

 


告訴をいたしました。本日、2回目の裁判でした。新曲デモ音源公開 ASKA - YouTube

 

ASKAさんが訴える、その意味。

ASKAさんは今、新曲制作や配信サイト「Weare」などの音楽活動、オフィシャルサイト「Fellows」の開設など、精力的、そしてひたむきに、“行く道”を歩き続けている。

コンプライアンスの壁もまだ残っているのだろう、決して楽な道ではない。

 

その上さらに重い荷物を背負うことになるのだが、

2018年1月30日

「国際社会に於いて、先進国としての新しい裁き」

これを求めての裁判です。

本日、裁判でした。 - aska_burnishstone’s diary

 ASKAさん自身が動かないと、どうにもできないこと。

 

2016年11月28日、「ASKAさん、逮捕へ」の速報から始まった、各TV局の報道。

嫌疑とは別に、行き過ぎた、では済まされない一部メディアの暴挙には多くの疑問、批判の声が挙がった。

 

中でも「情報ライブミヤネ屋」(読売テレビ)は、ひときわ常軌を逸した、異常な放送内容だったことを覚えている人も多いだろう。

私が当時リアルタイムで感じ、考えたことは、

などにも記してある。

 

アーティスト、作品への冒涜行為、信頼の悪用、貶める言葉…、決して忘れることはできない。

 

 

今、前を向き、懸命に歩くASKAさんにとって、自らの非を認めることなく、謝罪すらできない相手を告訴すること、その物理的、精神的負担は計り知れない。

 

だけど、それでも、見過ごせない、和解できない理由がASKAさんにはある。

 

例えメディアがデタラメを報じ、訴訟を起こされ裁判で負けたとしても、判例によって決められる賠償額なんてたかが知れてる、

「負けても得」するのでは、今後、何も変わっていかない。

 

2017年9月28日

僕は、今回、

その判例を変えるために裁判をします。

とりあえず、視聴率、部数・・・。

それで苦しんできた方達、世間から消されてしまった方達が、どれほどいるでしょうか?

そのための裁判です。

雨の音で目が覚めました。 - aska_burnishstone’s diary

 

ASKAさん一人の問題じゃないから、ASKAさんは戦っているんだと思う。

 

 

心ない報道は、結局人々の信頼を失い、TV離れ、雑誌離れにも繋がっていく。

 

もうあのような報道は、繰り返されてはならない。

 

「新しい裁き」を求めてのASKAさんの裁判、心から応援します。

 

 

 ※動画は2/6にUPされたものです。

祝✨ASKAさんのオフィシャルサイト「Fellows」開設!!!

待望のASKAさんのオフィシャルサイトが始まって、早1週間。

 

新居感いっぱいのサイトでのメルマガ登録、ブログへの訪問に、ドキドキ、わくわく。

 

変わらず更新してくれるブログ、寄ったついでにとぐるっと他の部屋も眺めたり、あ~ここはまだ工事中ね、なんて想像するのも楽しい毎日。

 

ぷっつり消えてしまうのかと思っていた「はてなブログ」の方も、

「と~きどき、綴らせていただきます。」

とのこと。

 

はてなブログでのASKAさんのブログは、ライナスの毛布(スヌーピー)のように、時々匂いを確かめては安心する、そんな存在(分かるかな笑)

 

それに、まだASKAさんのオフィシャルサイトがスタートしたことを知らない人たちのためにも、大切なことは特に☝強調、並行して発信されるのは良いんじゃないかなぁと思う。

 

新しいサイトのすべてのコンテンツ(画像や記事など)は、当然のことながら、無断複製、転載、配布は禁止なんだけど(気をつけなきゃ💦)、

はてなブログのエントリーに関しては、Twitter や facebook でシェアしたり、ブログで引用できたりと、便利な面もあったなぁ、なんてことを考えたりしていたら、

 

来たよ、来たよーー(๑•̀∀- )و!

Fellows 初ミッション✨

 

 

ASKAさんが以前話してくれていた、

 

8月21日

僕のソロ曲の中では、みなさんは、どの曲を好んで聴いてくれてるのだろうか。

ベストアルバムを作ってみたいなと思っているのです。

 今日は、8月21日。 - aska_burnishstone’s diary

 

ここにどうしても結びつけてしまうけど、どうかな?

とにかく、この日から考えた「自分の好きなASKAソロ曲」

 

これね、この日からいろんなバージョンでもう3、4種類は勝手にベストアルバム作ってしまってる( ´艸`)

 

難題だぁ~♪と多くのFellowsが頭を抱えるように、楽しいながらもテーマがないと終わりそうにない選択。

 

それでも、ついに10曲に絞り込む時が来た!ということで、

 

9月に選んだ25曲、とりあえずプレイリストに並べて聞き直し🎵

 

もう選んだみんなの10曲、SNS、コメント欄などで見させてもらうと、どのリストでも、「うんうん ^^、それもいいね」ってなるのがASKAさんの曲の凄いところ。

 

それにまだまだ歌って欲しい過去曲、創って欲しい新曲、やって欲しい企画、

いっぱいある!

 

それのどれもが「実現するかも」と思える、思わせてくれる今のASKAさん。

 

1歩1歩が眩しいね✨

 

 

 

※追記

CHAGE&ASKAのオフィシャルサイト https://www.chage-aska.net

「ASKA」の場所からも「Fellows」サイト https://www.fellows.tokyo

に繋がるようになってたヽ(*´∀`)ノ 嬉し~いっ!

 

Olasonic & DADAレーベル ハイレゾ対応スピーカーで聴く!そして...。

しばらく仕事寝る仕事寝るだけでいっぱいいっぱいだったのがやや落ち着き、やっと!音楽をゆっくり聴く時間を確保(๑˃̵ᴗ˂̵)و ♪

 

12月からこの時のために温めていたタマゴ(型スピーカー)。

どんな音を鳴らしてくれるんだろう。


f:id:dyko:20180119054508j:image

中に入っているのはスピーカー本体に、右(電源ランプのつく方)と左(DADAロゴのある方、写真では反対になってるけど)のスピーカーを繋ぐケーブル。それと本体の電力供給用、USB接続コード(パソコンに繋げるため)。

これはUSB充電用ACアダプター(1.9A以上のもの)に差し込めば、コンセントとしてスピーカーに電源を入れることもできます。

 

これらを付属の「取り扱い説明書」(紙なのが嬉しい)を見ながらパソコンに繋げてセッティング。パソコン画面の図もあるので分かりやすい!

 

コンセントから直接電源を入れて、スマホやiPadに繋げる時は、別にオーディオケーブルが必要とのことだったので、そのケーブル(別売)をスピーカーとスマホなどのイヤホンジャックに繋げればOK。


f:id:dyko:20180215190800j:image

(USB変換アダプターと、オーディオケーブルはこんな感じね)

 

 

ASKAさんが12月16日、

最初から大音量で、鳴らさないようにしてください。

慣らし(エイジング)が、必要です。

最初は、適度な音量で(曖昧で申し訳ありません)、徐々に音量を大きくなされてください。

この「徐々」も、使われる頻度によって違いますので、

「どのくらい」かは、明言できません。

どうぞ「慣らし運転」をしながら、

楽しまれてください。

エイジング - aska_burnishstone’s diary

と、優しく教えてくれたように、まずは慣らし運転。

 

極力ボリュームをおとして。

 

聴き比べてみたい気持ちもあったので、ここ1年で最もたくさん、そしていろんな媒体、ヘッドフォン、スピーカーを通して聴いたアルバム「Too many people」を流す。

 

おぉっ、小さめでもクリアな音。

 

2周目、少しだけ音量をアップ。

 

うーん、なかなかいい!

 

すでに2つのスピーカー(TV、オーディオ用とパソコン用)があったので、購入を迷ったこともあったのだけど、すでに大満足。

 

このDADAスピーカー、とーっても良いです👍

 

いずれは欲しい人みんな(例え海外にいても!)が買えるようになる、ということなので、また気付いたことがあれば(決して耳に自信があるわけではないけど)報告させてもらいます。

 

そしてもう少しだけ大きな音で聴こうっと♪と「FUKUOKA」を聴いている時に、ASKAさんのブログが更新。

 

いよいよ今日(1月19日18時頃)からオフィシャルサイト「Fellows」が始動とのこと。

 

実現される嬉しさと、これからの楽しみと、この深く濃い1年半のことが一気に押し寄せてきて、胸がいっぱいに(T^T)

 

思い入れいっぱいのASKAさんのブログはすべて移行される、ということは本当に嬉しい。

 

これは絶対、何らかの形で残して欲しかったから。

 

そして今日からは、Fellows 

 

楽曲制作も意欲的に取り組んでいる様子のASKAさん、

これからはもっともっと輝くんだろうな。

 

 

あぁ、楽しみだ!!

 

 

新しい年に✨

慌ただしい 1年の終わり、そして始まりではあるけど、心静かにASKAさんのアルバム「Black&White」を聴きたくなった。

 

ASKAさんの歌声を聴きながらしみじみ思う。

 

なんて幸せな「今」だと。

 


元旦 - aska_burnishstone’s diary

 

「而今」

ASKAさんが迷いなく書いたというこの言葉。私も大切にしたい言葉だ。

 

過去のあれやこれや、未来へのもやもや、あの人やこの人の声…にとらわれることなく、というより、自分で自分を縛りつけてしまうことなく、「今」を生きる。

 

「今」を全力で生きる。

 

私にはなかなか難しそうだけど、常に心に留めておきたい。

 

2018年はASKAさんにとって、そしてfellowsのみんなにとって、笑顔でいっぱいの、きっと素晴らしい1年になる✨

 

 

それも、

「今」

から、なんだね。

 

 

 

今年もた~っくさんのいろいろな想い、分かち合いたいな *(^o^)/*

 

どうぞよろしくお願いします。


f:id:dyko:20180101203415j:image

2018年 元旦

 

暮れゆく1年に。

 

今年1年、ブログを読んでくださった皆さん、どうもありがとうございましたm(*_ _)m

 

ASKAさんのおかげで、たくさんの喜びを共有できたことに大大大感謝です。

 

よい年越しをお過ごしくださいませ~♥

 

 

 

 

 

http://dyko.hatenadiary.com/

http://dykoo.hatenablog.com/