Olasonic & DADAレーベル ハイレゾ対応スピーカーで聴く!そして...。

しばらく仕事寝る仕事寝るだけでいっぱいいっぱいだったのがやや落ち着き、やっと!音楽をゆっくり聴く時間を確保(๑˃̵ᴗ˂̵)و ♪

 

12月からこの時のために温めていたタマゴ(型スピーカー)。

どんな音を鳴らしてくれるんだろう。


f:id:dyko:20180119054508j:image

中に入っているのはスピーカー本体に、右(電源ランプのつく方)と左(DADAロゴのある方、写真では反対になってるけど)のスピーカーを繋ぐケーブル。それと本体の電力供給用、USB接続コード(パソコンに繋げるため)。

これはUSB充電用ACアダプター(1.9A以上のもの)に差し込めば、コンセントとしてスピーカーに電源を入れることもできます。

 

これらを付属の「取り扱い説明書」(紙なのが嬉しい)を見ながらパソコンに繋げてセッティング。パソコン画面の図もあるので分かりやすい!

 

コンセントから直接電源を入れて、スマホやiPadに繋げる時は、別にオーディオケーブルが必要とのことだったので、そのケーブル(別売)をスピーカーとスマホなどのイヤホンジャックに繋げればOK。

 

ASKAさんが12月16日、

最初から大音量で、鳴らさないようにしてください。

慣らし(エイジング)が、必要です。

最初は、適度な音量で(曖昧で申し訳ありません)、徐々に音量を大きくなされてください。

この「徐々」も、使われる頻度によって違いますので、

「どのくらい」かは、明言できません。

どうぞ「慣らし運転」をしながら、

楽しまれてください。

エイジング - aska_burnishstone’s diary

と、優しく教えてくれたように、まずは慣らし運転。

 

極力ボリュームをおとして。

 

聴き比べてみたい気持ちもあったので、ここ1年で最もたくさん、そしていろんな媒体、ヘッドフォン、スピーカーを通して聴いたアルバム「Too many people」を流す。

 

おぉっ、小さめでもクリアな音。

 

2周目、少しだけ音量をアップ。

 

うーん、なかなかいい!

 

すでに2つのスピーカー(TV、オーディオ用とパソコン用)があったので、購入を迷ったこともあったのだけど、すでに大満足。

 

このDADAスピーカー、とーっても良いです👍

 

いずれは欲しい人みんな(例え海外にいても!)が買えるようになる、ということなので、また気付いたことがあれば(決して耳に自信があるわけではないけど)報告させてもらいます。

 

そしてもう少しだけ大きな音で聴こうっと♪と「FUKUOKA」を聴いている時に、ASKAさんのブログが更新。

 

いよいよ今日(1月19日18時頃)からオフィシャルサイト「Fellows」が始動とのこと。

 

実現される嬉しさと、これからの楽しみと、この深く濃い1年半のことが一気に押し寄せてきて、胸がいっぱいに(T^T)

 

思い入れいっぱいのASKAさんのブログはすべて移行される、ということは本当に嬉しい。

 

これは絶対、何らかの形で残して欲しかったから。

 

そして今日からは、Fellows 

 

楽曲制作も意欲的に取り組んでいる様子のASKAさん、

これからはもっともっと輝くんだろうな。

 

 

あぁ、楽しみだ!!

 

 

新しい年に✨

慌ただしい 1年の終わり、そして始まりではあるけど、心静かにASKAさんのアルバム「Black&White」を聴きたくなった。

 

ASKAさんの歌声を聴きながらしみじみ思う。

 

なんて幸せな「今」だと。

 


元旦 - aska_burnishstone’s diary

 

「而今」

ASKAさんが迷いなく書いたというこの言葉。私も大切にしたい言葉だ。

 

過去のあれやこれや、未来へのもやもや、あの人やこの人の声…にとらわれることなく、というより、自分で自分を縛りつけてしまうことなく、「今」を生きる。

 

「今」を全力で生きる。

 

私にはなかなか難しそうだけど、常に心に留めておきたい。

 

2018年はASKAさんにとって、そしてfellowsのみんなにとって、笑顔でいっぱいの、きっと素晴らしい1年になる✨

 

 

それも、

「今」

から、なんだね。

 

 

 

今年もた~っくさんのいろいろな想い、分かち合いたいな *(^o^)/*

 

どうぞよろしくお願いします。


f:id:dyko:20180101203415j:image

2018年 元旦

 

暮れゆく1年に。

 

 

今年1年、ブログを読んでくださった皆さん、どうもありがとうございましたm(*_ _)m

 

ASKAさんのおかげで、たくさんの喜びを共有できたことに大大大感謝です。

 

よい年越しをお過ごしくださいませ~♥

 

 

 

今年も「世界にMerry X'mas」!!!

「去年の今頃は...」

過去を振り返ること、記念日などは、あまり気にしない方だけど、今年は、何度もそう思い返したな。

 

まったく、想像以上のASKAさんの歩み、そこから放たれる強いエネルギー、繋がっていった素敵な縁、自分自身の変化...、

などなどには、本当に驚かされ続けている。

 

そして、また「ありがとう」の想いでいっぱいになる。

 

この1ヶ月、個人的なことでは、予想通り、というか、通らなくてはならない道、というか、また真っ暗闇に突き落とされそうになった。

 

それでも今までと違うのは、ASKAさんの毎日のようなブログ更新、ASKAさんの1歩から広がり、これからも広がり続けるだろう、心強く、温かい、人との繋がりが確かにあることだった。

 

その温かさに触れることで、感情を麻痺させることなく、生きている喜びは途絶えることがなかった。

 

たくさんの温かいエネルギーに救われた。

 

 12月22日

以前もここでお話ししたけど、

その集まってしまったものを、ひとつだけ取り除いてみよう。

どれでもいいい。

ひとつだけでいいから。

それができると、不思議なくらい心が軽くなる。

悩んでる君へ。 - aska_burnishstone’s diary

 

それでも、

どれかひとつを取り除くことができないような気がする時、

外すことで誰かを悲しい想いにさせる時、

外すと自分自身が結局苦しくなる時、

どっちを向いても真っ暗闇な時は、

私はとにかく外に向けて、まったく違うところで拾ったものを投げかけてみる。

 

さらに、もしくは、問題からかけ離れた所で、自分の習慣、たとえば朝起きて最初にやることとか、何でもいいから、ひとつだけ何か変えてみる。

 

そうすると、問題は相変わらずそこにあっても、苦しさが和らぐ、余裕ができる、というか。

 

そのうち、暗闇に光が射し込んでくる。

 

ASKAさんのこの日のエントリーに勇気づけられた人はいっぱいいるだろう。

 

深い内容、それ以上に、真っ直ぐ人を救いたい優しい想いが、もうあったかいんだぁ。°(°´///` °)°。。

 

私もひとつでも多くの笑顔に会いたいな。

 

そして今年も願いを込めて。

 

「世界にMerry X'mas」

 

是非世界中の言語に訳され、歌い継がれて欲しい名曲♪*゚

 

さらに今年はもうひとつ、最高に素敵な曲、

村上啓介さんの「今夜もふたりで HAPPY XMAS」が、私の中のスタンダードに加わった(*ˊ˘ˋ*)♪


f:id:dyko:20171225074911j:image

 

「同じ時代に生まれたことが 最高のプレゼント」

 

そう想い合える人たちが増えるといいね✨

 

 

※去年の「FUKUOKA」発表から、クリスマスが自分のためにもちょっと楽しみになってきている(*´罒`*)。

あれからいっぱい嬉しいサプライズあったのにね。

今年のちょっと早めのサプライズ。

やっぱりとっても嬉しかったな~。

 

AbemaTV「逆指名インタビュー」でのASKAさんが!

とぉ~ってもASKAさんだった!

 

話し方、素振り、そして歌。

まったく違和感なく、イメージ通り。

 

内容は「今のASKA」がたっぷりで、久しぶりにオンタイムで食い入るように観た、そしてもっともっと観たくなった、あっと言う間の90分だった。


f:id:dyko:20171101224705j:image

 

インタビューは亀田興毅さんから。もともと悪いイメージはなく、真っ直ぐな人なんじゃないかなぁ、という印象を持っていたぐらいけど、ASKAさんに突然指名された戸惑いそのままが表れたインタビュー(どちらかというと対談)。

 

ASKAさんも会いたかった気持ち、その喜びをそのまんまに出していて、微笑ましい。

緊張気味だった亀田興毅さんの話を引き出すのが、ASKAさん上手い!

タクシーの中で眠りこけたエピソードは面白かったし、「決めるまでが難しい」という彼の言葉にはとても説得力があった。抜かりなく準備をし、決めるということは成し遂げるという強い意志、少しでも見習わなくては、と唸らされる精神だ。

素人相手でも本気で向かう亀田興毅さんと、カラオケでも真剣に歌うASKAさんはやっぱり通じる所があるんだろう。

 

また、ASKAさんの音楽に対する熱い想い、

ASKAさんが「いいか、もう言うか」と、「来年から毎月1曲、楽曲(未調整)を発表していこうかと思っている」と発言オォッ(゚O゚)!

10月28日の、

今、毎日、来年からの音楽活動を考えています。

果たして、目標が達成できるだろうか。

もう「AbemaTV」で、そのことを語ってしまいましたので。

僕は、自分を追い込むことで、そこへ向かっていくタイプです。

おはよゴザマス、オマエタチ!! - aska_burnishstone’s diary

 は、このことだったのか。

「音楽があってこそのASKAであるし、これから先、能書きはどうでもよくて、音楽がこの世の中に存在してたことに対しての、『感謝』をしていこうと思っている。」

ASKAさんの感謝と愛は、ものすごく深く、今の活動の原動力になっているんだ。

「塗りつぶして行け!」の歌詞「ここを越えて 愛に答えろ」とも繋がっているんじゃないかな。

行けるところまで行こう、そんなASKAさんに追い風を送り続けたい。

 

 

亀田興毅さんのブログでの、二人の素敵な写真。

  

次のお相手、吉田豪さんは、以前、ASKAさんのことをラジオで語っていたのを聞いた時など、客観的な分析の中にもどこかASKAさんへの愛が感じられるなぁ、と思っていたので、直接会ったらどんな話になるのか、とても楽しみにしていた。

ASKAさんのことを知れば知るほど好きになったという(ASKAさんのブログを受けて、「TUG会員ではなく、グッズを買い漁っていただけです」とTwitterで謝っていた^^;)、そんな豪さんもまた信用できる人だ、と感じた。

 

そしてさすが、日本一!プロのインタビュアー。

大量のストックがあるだろうASKA情報、ASKAエピソードから、これは!というものをタイミング良く出し、ASKAさんにちゃんと話をさせてくれた。今のASKAさんはとにかくたくさん伝えたいことがある、その溢れる想いを受け止めるように聞く姿勢は本当に素晴らしかった。

ASKAさんたちが時代のシンガーと割り切って?歌っているということは意外だったけど。

謙遜なのかな。

ASKAさん始め、心を揺さぶる音楽は、世代も国境も超えてずっと残っていく、そう私は感じるんだけど、創っている側はあまり意識してないものなのかな。

 

それにしても、

「歌うことはもう無理」とまで思い、引退の発表まで準備していた(>︿<。)ASKAさんを、

「何言ってるんですか、やりますよ」と言ってくれたASKAバンドのメンバー、ASKAさんの仲間たちには、心から感謝。

それを築き上げてきたのも、その言葉に発奮させられたのもASKAさん自身、結局“自分次第”なんだろうけど、本当に素敵な関係、仲間たちだ。

 

そうやってまた歩き始めたASKAさんからは勢い、強いポジティブなエネルギーしか感じない。

今の音楽業界、音楽配信サイト「Weare」の構想、理念を語る姿からは、本気の熱意がビシバシ伝わってきて、これは絶対実現されるぞ、と確信する。

音楽を心から愛してるからこそ、音楽業界全体の活性化のために、

「かなり本気で思ってる」のだろうから。

 

ブログ、「Weare」サイトでの言葉と合わせて、ASKAさんの言葉の隅々、「意識改革をする時代」には大きく賛同、そしてもっともっと応援したい!と思わされる。

 

吉田豪さんのTwitter

 

そして一番楽しみにしていた歌。

 
f:id:dyko:20171101224741j:image

こんなにも早く、今夢中に聴いている「Black&White」から4曲も!歌うASKAさんを観れるなんて!

「塗りつぶして行け!」「Loneliness」「誰がために鐘は鳴る」「今がいちばんいい」をフルサイズで。なんとも贅沢!

生歌に飢えた心に、響く、響く✨

歌詞間違いさえ愛おしい。

あ(゚o゚; !!、ASKAさんここからどうするの?って、ハラハラドキドキのライブ感が味わえるんだからね。

どのくらいぶりだろう、この感じ。

 

なにもかも新鮮で嬉しかったなぁ、

やぁ最高だったヽ(;▽;)ノ。

 

しかもどの曲もイメージしてた通り、特に「今がいちばんいい」は、歌っているASKAさんが観たかったからね。

楽しそうで、嬉しそうで、イキイキしていて。

観ていたみんながきっと笑顔。

歌っている映像で、曲もさらに輝きを増し、好きになる。

これからもどんどん歌っているASKAさんを映像で観たいな(人´∀`*)

 

この「AbemaTV」、ずいぶん前からあった印象だったけど、2016年4月開局だそうで、まだまだフレッシュ。期間中(今回は30日間)いつでも観れるマイビデオのシステムも、今年の4月にできたばかりという。

このシステムも本当に有り難い🙏

(ASKAさんの番組は見逃し視聴も可能です!)

今回、初めてAbemaTVの番組をしっかり観たけど、とても素晴らしかった👍✨

これからも良い番組があれば、進んでアクセスして熱意いっぱい⤴で真剣に観たい。

 

 

勝手に切り貼りされることのない番組でのASKAさんは、

飾らない、人懐っこい、そして熱い!、そのまんまの今のASKAさんだったと思う。

❨ ※とはいえ、女性スタッフ(邦子さんや倫子さんら)のアドバイスは「うるさいよ」と照れず、素直に聞きましょう。笑❩

 

聴きたかった歌、話、見たかった笑顔がとっても良かった。

 

がっかりすることばかりじゃない、時代は、ちゃんと正しい、幸せになれる方へ向かっていっている、そんな希望が持ててくる。

 

最高の番組、企画実現に携わった全ての方たちに感謝です。

 

ありがとうございました。

 

 

 

※見逃した方は、



f:id:dyko:20171103182552j:image

こちら  http://gxyt4.app.goo.gl/C6rc  から(11/30まで)観ることができます!

 

 

放送後のASKAさんのブログ。

AbemaTV 追記 タイトル「おい!」 - aska_burnishstone’s diary

 

ASKA New Album 「Black&White」を「Weare」で!!

2017年10月25日

そして、webエンジニアの皆さんたちは、本日10時にオープンの

「Weare」

のために、寝ずに頑張ってくれています。

バレバレやん・・・。 - aska_burnishstone’s diary

 

日付けが変わってしばらくあと、真夜中の更新。

忙しい中の報告がありがたい。

 

10月24日は、ASKAさんのニューアルバム「Black&White」のフラゲ日ということでソワソワ、ふわふわな一日。浮き足立っているところに加えて、まだ正式には始動していないオフィシャルサイト Fellows のURL、instagram、Facebook、30日のAbemaTV出演情報などが次々と公開。

チェックする度、舞い上がって降りて来れず。

♪‹‹(´ω` )/››♪‹‹(  ´)/››♪‹‹( ´ω`)/››♪

 

なんて幸せなんだ!

 

さらに、

ASKAさんのこのブログ更新により、心待ちにしていた、「Weare」も発売日25日の10時にはオープンということが明確に!

 

またその直後の、中国語、英語によるサイト理念の詳しい説明のエントリーを受けて、これは、世界へ向けて同時に配信するつもりなんじゃないか、きっとそうだ💡と気持ちはさらに高揚!

 

海外に住む私の手元にCDが届くのは、早くても27日(予定)ということもあって、「Weare」の配信には大いに期待しているところがあったのだ。

 

ASKAさんのブログから伝わってきていた、少人数のスタッフで、寝る間も惜しんで様々な方面を同時進行させている状況。少々の遅れ、不具合があっても不思議ではない。

誰も通っていない道を作る、その大変さは想像以上だろう。

 

ASKAさんの愛がみんなに届くために。

 

ASKAさんの周りには、熱ーーーいっ情熱で溢れる仲間たちがいてくれる。

 

そこに向かっている途中に、私も夢中になっている。

 

そして、踏みだされた新しい、大きな一歩!

 

朝日新聞一面に掲載された、圧倒的な「ASKA」さんに感動、嬉しさがこみ上げている中、ついに配信サイト「Weare」がオープン!

 

待っていましたーーー!っと、即アクセス💨してみると、


f:id:dyko:20171026183102j:image

 

おぉぉぉーーっ👏👏👏

 

思わず声が出る。

 

ASKAさんのアルバムジャケット、Weareの理念など、しみじみした想いで見つめながら、早速ダウンロードを試みる。

 

画面右上 ≡ をクリックすると、メニューが表れるので、まず 新規登録 をタップ(クリック)。

ここでは、自分のメールアドレス、パスワードを入力。登録は、入力したメールアドレスに届くURLにアクセスすることで完了。

 

その後、最初の画面で確認できるアルバムジャケット写真をタップ(クリック)すれば、

「カートに入れる」が表示されるページへ!

(メニュー内 MUSICをタップでもOK)

 

ここで、一刻も早くこのサイト内で音楽を聴いてみたくなり、アルバム「Too many people」の「FUKUOKA」視聴ボタンをタップ(クリック)。

流れてくるASKAさんの歌声...。

 

…(;_;)…

 

本当に良かった、

 

よくぞここまで、

 

さすがASKAさん、

 

言葉では言い尽くせない、いろいろな想いで、

胸がいっぱいになってしまった。

 

 

その後は、いよいよ「Black&White」の番。

楽しみにしていたブックレットも同時に「カートに入れる」し、支払い画面へ。

支払い方法は現時点では、クレジットカード一括払いのみ(VISA、Master Card)。そこにカード情報を入力して購入は完了。

 

その後、メニュー → マイページ  → 購入履歴 のページ、「詳細を見る」から、ダウンロードへ。

ちゃんとできるかな?と少し心配しながらも、無事完了。

メニュー画面 HELP にあった詳しい説明に、かなり助けてもらいました (//∇//)!

 

ドキドキウキウキ、説明に従って「解凍ツール」アプリからダウンロードしたアルバムを開く。

 

もうこれで聴けるのかな?

 

キタ━(゚∀゚)━!


f:id:dyko:20171026192208j:image

 

本当に、本当に聴けるんだ!

 

じ~~~~~ん ( ;_q  )

 

CDShopのない地方、海外にいても、発売日に聴ける。

 

これは、すごいことなのです!!

 

ブックレットも、綺麗な写真、文章、いっぱいで、とっても良さそう(まだちゃんと読んでません^^*)。

 

何よりまずはASKAさん、

 

10月26日

音楽は自由。

頭の中に作った囲いを、取り去ってみよう。

「Weare」ネットワークは世界です。

「Weare」構想 - aska_burnishstone’s diary

 

このASKAさんの音楽から。

 

 

夢のようだけど、

 

夢じゃない。

 

 

 

感謝

 

 

 

※追記

 

ダウンロードしてすぐ聴ける、その喜びで気持ちはいっぱい。

とにかく、まずは音楽を♪と、再生画面の表示には気が回らなかった。

 

随分たってから ( °o°)ハッ、

アーティスト名、アルバム名、不明って…。

 

まぁ名前は当然知ってるけど、やっぱりジャケット写真も欲しいよね、

と、ファイルマネージャーの方から開くようにしたら、

f:id:dyko:20171026215436j:image

ε-(´∀`*)ホッ

何故か曲順が逆なんだけど…。

 

1曲目再生。

f:id:dyko:20171026215733j:image

(๑˃̵ᴗ˂̵)و よしっ!

 

これっ、これ!この画面!

何か他の方法もいろいろあるんだろうけど、聴きたい気持ち、聴く喜びが大き過ぎる今はこれで十分。(細かい点についてはまた書いていきます。皆さんの意見や感想も教えてもらいたいです^^*)

 

こんな感じでアルバムの曲順通り、でも1曲ずつ、じっくり大切に聴いています。

 

 

 しあわせ~ ( ˶´⚰︎`˵ )

 

 

 

 

ありがとう!「Weare」!

 

 

※追記

気づいたら、ミュージックライブラリから直接聴けるようになっていました。(Androidです)

曲順もバッチリ。
f:id:dyko:20171105064729j:image

初めての「Weare」サイトからのダウンロードやブックレットなどの購入には、戸惑った人もいたのでは、と思います。

そもそも、ダウンロードやサイトでの購入などに慣れていなかったり。

欲しい気持ちが強いとなおさら、上手くいかないことがあると焦ってしまいますよね。

それでも大体の問題は HELP を参考にすれば、解決するかなぁと思います。もし分からないことがあったら、調べたり、周りの人たちに聞いたり、こういったコメント欄、SNSでやり取りして分かることもありますよね。

私もそんなに得意な方ではないので、情報交換、雑談のようなものでもとても助かります。

知らなかったことを知ったり、やらなかったことをやってみたり、できなかったことができたりすると、本当に嬉しい!

これからASKAさんの活動がますます広がる嬉しい状況を、たくさんの人たちが共有できるといいなぁ、そう願っています。

(なのでコメント、質問なども、遠慮なくどうぞ~(^_-))

 

 

 

 

「Weare」サイトURL

https://weare-music.jp

 

ASKA New Album「Black&White」来るよ、来るよ~!

 2017年10月23日 

明後日、10月25日。

朝日新聞朝刊全国版に、

「New Album Black&White 本日発売」

の、広告が掲載される予定です。

一面広告 - aska_burnishstone’s diary

 

えっ!?

 

「一面広告」!

 

ですとぉ ( ⊙_⊙)!?

 

こっれはまたまたすっんごい報告!

 

嬉しい~~っ ( 。>﹏<。)

 

楽しみ過ぎる~ ヽ(;▽;)ノ

 

さらに、昨日23日、思いがけず届いた「Black&White」“発送完了”通知メール

ワクワクドキドキ度がさらに、

アップ⤴︎⤴︎⤴︎アップ⤴︎⤴︎⤴︎

 

前アルバム「Too many people」を注文したのと同じサイト。

前回は予定通りリリース日の発送だったから、今回も~(>_<)💦と思っていたんだけど。

なんと2日前の発送(๑˃̵ᴗ˂̵)و !

取り扱うサイト、Shopも、予約の段階でかなり増えていると感じていた。

 

こういう細かいところにも、 “いい風” が吹いてきている!と感じずにはいられない。

 

URLは、25日に公開させてください。

配信サイト「Weare」 - aska_burnishstone’s diary

オリコン、スポニチ、サンケイ、デイリーニュースにも取り上げられた、ASKAさんの設立した配信サイト「Weare」。

楽曲ごとの還元率は、世界初の70%となります。

25%を「Weare」が雇用する社員、システムの維持費用、ITエンジニア、雑費となります。残りの5%が、決済会社となりますが、それ以上の利益となった場合には、数字を公開させていただき、すべてを寄付させていただきます。

アーティストにとっても、リスナーにとっても、理想的な、革新的配信スタイル。

始動には大きな注目が集まるだろう。

 

また、10月21日の全文英語のエントリー、Hi!! morning!! - aska_burnishstone’s diary にもあったように、「Weare」では海外からもダウンロード、購入できるようにと頑張ってくれている。

(※追記 10/25「Weare」https://weare-music.jp サイトオープンに伴い、海外からもダウンロード、購入できることを確認。これは凄いことです👏) 

CDを手に入れにくい、日本の配信音源をダウンロードできない海外在住ファンにとっては大きな希望✨だ。

 

何より、

ASKAさんはやっぱりASKAさん。

「世界」🌏をちゃんと視野に入れてくれていることが頼もしく、嬉しい。

 

ASKAさんの情熱の音楽は、日本中、そして世界中に広まっていく♪*゚。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜♪*゚

 

ASKAさんの本気が、

伝わらないわけがない!

 

 

とにかく、

「Black&White」は、たくさんの人々の元へ届くことになりそう!

 

どんなアルバムなのか、期待は特大、ハードルもかなり上がっている今!

 

 

いい予感しかないぞ~っ !

 


f:id:dyko:20171024003933j:image

ASKA「Black&White」10月25日リリース!

配信音源は「Weare」https://weare-music.jp

から。


f:id:dyko:20171024012207j:image